ロードレーサー、ミニベロでのポタリングやちょっとしたカスタムの事でも。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部品を買いに行ったつもりが、店を出るときにはこれを押していました…w

00502.jpg

GT MARATHON3.0

フレーム:アルミニウム合金6061カスタムチューブ 4”トラベルアイドライブ4デザイン
リアショック:FOX FLOAT Rエアー/オイル
フォーク:SR SUNTOUR X-100エアー/オイル100mmトラベルスピードロックプレロードアジャスト
クランクセット:SHIMANO 44T×32T×22T
BBパーツ:SHIMANOシールドカートリッジオクタリンク
ペダル:SHIMANO PDM-520 SPD
F・ディレイラー:SHIMANO DEORE
R・ディレイラー:SHIMANO DEORE
シフター:SHIMANO DEORE ラピッドファイヤー27S
フリーホイール:SHIMANO 9Sカセット11/32T
チェーン:HG-53
リム:WTB SX-24ダブルウォール
タイヤ:KENDA NEVEGAL 26×2.1
フロントハブ:SHIMANOアルミディスクQR
リアハブ:SHIMANOアルミカセットディスクQR
スポーク/ニップル:14Gステンレス/ブラス
フロントブレーキ:TEKTRO AURIGA COMPハイドロリックディスク 160mmローター
リアブレーキ:TEKTRO AURIGA COMPハイドロリックディスク 160mmローター
ブレーキレバー:TEKTROアルミハイドロリック
ハンドルバー:GT OEアルミ31.8mm OS 7Dスウィープ35mmライズ
ステム:GT ATBアルミ4ボルト25Dライズ
グリップ:GT LOCK DOWN
ヘッドセット:FSAシールドベアリングOS AHインテグレイテッド
サドル:WTB SPEED V
シートピラー:アルミマイクロアジャスト
シートクランプ:GT アルミ QR

i-DRIVEという呼び名から、それぞれ変わったネームになったうちの1つだそうです。
機構的には勿論i-DRIVEです。
このi-DRIVEですが、GTの特許なんだそうで。
世界で一番乗り易いフルサスペンションバイクなんだそうです。
まぁ、その辺りは全然判らないんですけれど(^^;

00503.jpg

通常BBがある位置から更に下に位置するクランク。
これのお陰でリア側の振れ幅が小さくなり、乗りやすくなるそうです。

00504.jpg00505.jpg

最初から9速というのは、後々に費用がかからなくていいですね。
勿論XTRに比べれば劣るのかもしれませんが、今の所はクロカンレースに出る訳でもないですし、これでいいかなぁと思っています。

00506.jpg

リアサスはFOXのエアサス。
ちょっと乗った感じでは柔らかい感じですが、勿論これから乗り味を調整していけばいいと思います。
エアサスポンプはHandybike用に買ってあったので、それを使えばOKです。

00507.jpg

SRサンツアーのフロントフォーク。
ロックリンク付き、100mmトラベル。
…このトラベル量が多いほうがいいっていう話ですが、どうなんでしょうねぇ…
勉強が必要ですね(^^;

00508.jpg00509.jpg

ハンドル周り。
ハンドルの幅はかなり広いです。
クロスバイクよりも更に広いですね。
ちょっと違和感。
シフターはトリガー式。
やっぱりグリップよりもトリガータイプがいいです(^^)

00510.jpg

初めてのディスクブレーキ、しかも油圧。
握った感じはとても軽いですね。
でもしっかりと効く感覚。
色々と手入れは大変らしいですね…
その辺りもメンテナンスを覚えないといけませんねぇ…

00511.jpg

i-DRIVEの裏側部分。
ちょっと見た感じ不思議な機構ですよね。
でも実の所はちゃんと力がかかった時に逃げない(逃げにくい)ような構造なんだそうです。
クランクを踏み込んだ力を上ではなく後ろに持っていくそうで。
まぁ今の時点では判りません。
山や坂を登ってみないことにはどうにも…

00512.jpg

サドルは肉厚で柔らかめ。
これならずっと乗っていても痛くならなそうですね。

とまぁ、そんな感じで。
実際に乗って走ってみないと判らない部分は多いでしょうが、生憎台風の影響で雨がポツポツと降っていたので走れませんでした。
近いうちに一度走ってみたいですね~
とりあえずいきなり山とかは無理なので、道の悪い旧道なんかを走ってみようと思います(^^)

にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

【2009/08/30 22:09】 | GT MARATHON3.0
トラックバック(0) |

Re: そしてこれを…
marty
一体、何台目ですかっ!(笑) すごすぎる増殖スピードですねぇ。
フルサスはワタシも欲しいのです(もう少しストロークの長いものを)。でも、これ以上は増やせないし、山を乗る機会が少ないし・・・ クロカンクロモリハードテールは持っていますが、キツ目ダートだとやっぱりフルサスなんですよね。

天城峠が近いのでダートはたくさんあるのでは? 但し、一人で山へ行くのはキケンですよ。前転、転倒なんて全く普通で日常茶飯事ですから。

後、舗装路と違って同じ距離でもダートは3倍以上の距離に感じます。

Re: Re: そしてこれを…
Shein
本当に(^^;
オク買いしたMongooseの程度があそこまで酷くなければ買わなかったと思いますけれどね~(^^;
MTBは興味はあったんですよ。
学生時代に同級生とジュニアの草レースに行って走っていた位ですから。
あの頃はリジッドだったしギアも枚数無かったしで今から考えればよくやってたなぁと思うんですが、当時は楽しくて仕方が無かったですからね。
もっぱら練習コースは、その同級生の家のみかん畑でしたww

あの頃の記憶の中にあるMTBとでは、全然違いますねぇ~ほんとに。
フルサスなんで重いんですけど、乗っている時はそれ程重さを感じないですし。
何よりも道が悪い田舎なのでロードのような細いタイヤでは心配な道も、気にしないで入っていけるのがいいですね。


>でも、これ以上は増やせないし、山を乗る機会が少ないし・・・ クロカンクロモリハードテールは持っていますが、キツ目ダートだとやっぱりフルサスなんですよね。

ハードテイルと実は悩んだんですよ、同じくGTのAVALANCHE1.0DISKと。
ただ、馴染みのショップの店員さんの囁き(在庫品だから、値引きしますよ~?っていう…)に負けましたw
俺のような乗り方する人間には、ハードテイルの方がいいような気がしないでもないんですけれどね(^^;
ただ、やっぱりi-DRIVEは興味があったんですよね。
『世界で最高に乗り心地の良いフルサス』がどんなモンなのかっていうw
衝動買いには高過ぎましたが、まぁ楽しそうなんでいいですw

> 天城峠が近いのでダートはたくさんあるのでは? 但し、一人で山へ行くのはキケンですよ。前転、転倒なんて全く普通で日常茶飯事ですから。

これが意外とそうでもないんですよ。
表向き『国定自然公園』になっている部分が多いんで、下手に入っていく訳にも行かず…
その辺りは色々とネットで情報探して、それから行ってみようかなぁと思います。
何にしても本格的にガレた所を走るには装備が無いので、その辺りが整うまでは基本街乗りで、精々旧道や舗装されていない農道辺りを走ってみようと思っています。

> フルサスはワタシも欲しいのです(もう少しストロークの長いものを)。

Mongoose持って行きますか?www
リビルト必須ですけれどw

何本…
リプトン
腕時計を何本も所持していたら(1本あたりは超安い)、うちのおか~さんに

「あんたの腕は何本あるのっヽ(` Д´*)ノ」

と怒られたことがありまつ(´▽`*)


もしちみがうちの家族だったら
「何本足があるんですかっ!?あんたはタコ?イカ?」



間違いなくこう言われるでしょう( ̄ー ̄)

Re: 何本…
Shein
似たような事は既に言われているのねw
一人なんだから…みたいな。
しかも時計よりも遥かに邪魔だよね、興味無い人からすればさw

でも服に合わせてアクセサリーを付けたりするように、走る場所に合わせて自転車を選んでいくからねぇ。
そういう部分はあると思うんだけどね。
まぁ、折り畳みが何台も在ったりするのはやりすぎかもしれないと、ちょっぴり位は思ってるww


だがしかし、後悔はしていないwww

Re: そしてこれを…
ほんだ
こんにちは。

しずおか自転車大好きマップを作ってます、本多と申します。
http://shizuoka-bicyclemap.net/

こちらのブログを自転車ブログヘッドラインでご紹介したいのですが、よろしいでしょうか。NGのようなら、お手数ですがホームページのメールフォームからご連絡をいただけますでしょうか。。

自転車自慢のコーナーで、愛車の紹介もしていただけると嬉しいです。

このホームページは、作ったばかりで、まだまだ内容が少ないですが、
静岡の自転車好きなみなさんに便利なホームページになるようがんばっていきますので、今後ともよろしくお願いします。


Re: そしてこれを…
Shein
こんなブログで宜しければ(^^;
好き勝手に書いているのであまり参考にならないと思いますけど(^^;
宜しくどうぞ~

ありがとうございます♪
ほんだ
ご快諾ありがとうございます。

楽しめるホームページになるように工夫していこうと思います。
今後ともよろしくお願いします。

追.私も狩野川エントリーしました!初めてなんで楽しみです♪

Re: ありがとうございます♪
Shein
いえいえ、こんなので良ければ(^^;
拙い上に独りよがりな文章しか書けませんが、宜しくお願いします(^^)

狩野川エントリーしましたか(^^)
俺も初めてですよ~
最初の坂を登りきれるか心配です……(´・ω・`)
本番までに何回練習で走れる事やら…(´・ω・`)

コメントを閉じる▲
さてさて、色々とあって手に入れましたMONGOOSE PRO Zero-G2。
そう、色々と思う所があって手に入れたんです。

が、しかし。

00492.jpg






うわぁ…(´-ω-`)

予想していた以上に酷い状態。


寧ろ使える所は何処なんだという…

00493.jpg

ハンドル周り。
シフターは固着し、不動。

00494.jpg

サドルはビリビリ。

00495.jpg

スプロケも錆だらけ。
RDはアセラだが、これまた動きは激しく渋い。
そして錆が凄過ぎ。

00496.jpg00497.jpg

クランクとFD。
こちらも錆が酷く、FDはメッキも飛んでいる状態。

00498.jpg

リアのサスペンション。
ここも錆。
スプリングの強さを変えるリングの部分は固着して動かない。

00499.jpg

メッキの筈のクイックも錆。
どんな状態で置いてあったのだろうか…

00500.jpg

ハブとリム、スポークは一応生きている様子。
フレも特に無く、錆も無い。
汚れは酷いものの、これは使えそう。

00501.jpg

フロントフォーク。
固着しダンパーとしての効果は無い。
スプリングの入っている部分のフタも、破損していた。



うーん…

実際に使えそうな部分は、本当にフレームとホイール位。
フレームも塗装が大分やられているので、塗装する前提でなければ難しいだろう。

いやはや…これは冗談抜きに長期戦になるでしょうねぇ…
部品を少しずつ揃え、フレーム等の手直しなんかもやっていかなければならないでしょうね。

ちなみにちょっとだけ部品代を計算してみました。

安く見ても、自転車が1台買えてしまう…orz

気長に、のーんびりやります(^^;

にほんブログ村 自転車ブログへ

【2009/08/30 21:28】 | Mongoose PRO Zero-G2
トラックバック(0) |
そんな訳で塗装も終わりまして、早速組み始めます。
が、部分的に気になっていた物があったので、そちらから手を付けてみます。

00466.jpg00467.jpg


リアの三角を固定する部品なんですが、購入当初から何故かこの状態。
表面のゴムが切れたんだろうなぁ…と思いながら剥がしてみると…

00468.jpg00469.jpg00470.jpg

こんな状態。
溶けてる??(・o・)
写真上の部分、シートポストのクイックに通っている部分があるんですが、何かここが折れた(破断した)跡が。
多分溶接かなんかしたのでしょう。
で、熱伝導でゴムが溶けた。
とりあえずビニールテープ巻いて誤魔化した、という感じでしょうね。

買い換えればいいんですが、それでは工夫も何も無いですよね。
そんな訳でこんな事をしてみました。

00471.jpg00472.jpg00473.jpg

表面を覆っていた、ゴムの残りカスを剥がして、綺麗にします。
錆びた部分はワイヤーブラシと研磨布を使って磨きます。
で、この後どうするかというと、

00474.jpg

これを使います。
何かというと、液状ゴム塗料。
これに漬け込んでしまおうということなんですね。
整備屋の頃、電装のハーネスを作った時に結線した部分の皮膜にこれを使っていたんです。
1本2本ならば収縮チューブなんかでもいいんですが、本数が多い時は便利ですよ~

00475.jpg00476.jpg00477.jpg

こんな感じでディッピングして、乾燥。
5回程繰り返せば、十分な厚みが出来ます。

さて、そんな事をしながら組み始めて行きます。

00482.jpg

リアヒンジブッシュキット(4095円)
リアの三角を固定している部品。
これを抜くのも苦労しましたが、入れるときも苦労しました…(^^;

00483.jpg

フレームの中に残っていたカラー。
これが取れなくて苦労しました。
リーマーを軽く打ち込んで食い込ませ、その状態から引き抜くという荒業で抜きました。
12mmのドリルがあれば揉んで抜けるかもしれません。
その方が綺麗かも…

00484.jpg

フレームに入れて、リア三角を繋いだ状態。
フォークもヘッドパーツにしっかりグリスを詰めてから組み付けました。

00485.jpg00486.jpg

固定する部品もすっかり綺麗になりました(^^)
さて、リア三角やフォークを黒く塗った理由がこれ。

00487.jpg00417.jpg

S-Typeステム ブラック(18144円)
woodman シートクランプ クイック(1800円)
そう、ハンドルポストをSタイプに交換したんです。
黒かRAWカラーしか無かったんですね。
銀だからRAWカラーかと思ったんですが、それもなんか違うなぁと…
なので黒にして、フレームも塗り替えようという事にしたんですね~
お陰で余計に大変だった気がします(^^;


で、なんでSタイプにしたか。

00413.jpg00489.jpg

Nitto B263AA ショートブルホーンバー 380mm(3570円)
そう、これですよ、これを付けたかったんですよ~ヽ(`▽´)/
ブルホーン。
クラシックスタイル=ブルホーンという偏った考えからなんですけれどねw
で、woodmanのシートポストクランプのクイック部分をハンドルポストのボルト代わりに入れます。
これで折り畳みの時に困らないですね。
Handybikeを見ててこれは画期的だと思って自画自賛でパーツを揃えていたんですが、実は他にも同じような事を考えている方が居たようです(^^;

00490.jpg00491.jpg
00419.jpg

New Dual pivot brake caliper(前後各5211円)
ブレーキをダブルピボットブレーキに。
現在のBromptonはこのブレーキになっているそうです。
ちなみにシューはシマノのロード用シューと同じです。
という訳でシューは余っていたデュラエースのシューに交換。
そこまでする必要は無いのかもしれませんけれどね(^^;

さて、ここまでいい調子で組んできまして、ホイールを嵌めていきます。
そう、以前購入したInter5のホイールです。
チューブ等は今までつけていたInter3から移植。
ホイールを取り付け、シフトワイヤーに繋がる部分を見て…

あれ?


なんか違う…



そう。
Inter3とInter5はアンカー部分が違うんです。

そんな訳で作業は中断。
新たにInter5で必要な部品を注文する事に…

出来上がりは何時になるのやら…

にほんブログ村 自転車ブログへ

【2009/08/30 21:03】 | BROMPTON M3L
トラックバック(0) |

Re: Bromptonのパーツ交換(その2)
ヨウスケ
はじめまして。Brompton分解、再塗装などでたどり着きました。少し前の記事へのコメント恐縮です。
実は私も台湾製ブロンプトンのレストアに取り組んでます。6月ごろから半ば放置状態ですが、ようやく重い腰を上げ始めたところです。とは言うものの、やはり再塗装が課題で悩んでいます。また再塗装にあたって、リア三角とフォークを取りはずのに、どうやるべきか悩んでいます。リア三角はIKDなどで販売されているものを使うとして、フォーク、ヘッドパーツを取り外すにはどんな工具を使われたのですか?お教えいただければ助かります。
長文失礼いたしました。

Re: Re: Bromptonのパーツ交換(その2)
Shein
初めまして~(^^)
こんなページが人様の参考になるかは判りませんが…(^^;

まずリア三角ですが、IKDさんやしぶやさんの所で売っているリアヒンジブッシュキットが必要です。
分解する際にドリルで揉む必要があるので、最初はセットの方を買った方がいいと思います。
実際のところ、このリアヒンジブッシュは、台湾物と本国物では別の物だと思ったほうが良さそうです。
俺の場合はシャフトはポンチで叩いて抜けましたが、カラーの部分が中に残ってしまったので、取るのに大分苦労しました。
最終的にはリーマーを使ってカラーに食い込ませ、それを引き抜くような形で無理やり抜いています(^^;
その甲斐あって、当初あったリアのガタはなくなりました。
英国物の方が若干固めな感じです。

フォークとヘッドパーツ自体は通常のスレッドタイプの物なので、モンキーやスパナで抜く事が出来ます。
ヘッドパーツに関してですが、当初は部品交換しないつもりだったのですが、他の部品を注文した時せっかくだからという事で注文して交換しています。
ここでもそうなんですが、ヘッドパーツも台湾と本国とで別物です。
実際部品を頼んだ時もベアリングだけ変えるか~なんて思っていたんですが、球受けの形状が違います。
なので全部交換したんですが、正直な話プラハンと真鍮のポンチ使ってます(^^;
自己責任になってしまいますけれど(^^;
出来ればホーザン等で圧入工具を買う事をお勧めします。
水平に入っていないか心配するよりは工具を使った方が間違いなく早くて正確に入ると思います。

ちなみに力技で下球押しをフォークに入れる時は、サドルポストを使うと吉です。
丁度ぴったりなサイズなので、簡単に綺麗に入りましたww

何にしても、ヘッドパーツの球受け自体は出来る限り専門工具を買うか、仲の良いショップがあればそこだけ頼むのもアリだと思います。
静岡の片田舎で周りにはスペシャルショップどころか自転車屋すら無い所なので、こんな力技で済ませているものですから…(^^;

Re: Bromptonのパーツ交換(その2)
ヨウスケ
ご回答ありがとうございます。大変参考になりました。
以前、専門ショップで相談した際に台湾製は・・・としぶられて、自分でやろうかと考えていました。もう一度ショップに相談してみます。本当にありがとうございました。

Re: Re: Bromptonのパーツ交換(その2)
Shein
> ご回答ありがとうございます。大変参考になりました。
> 以前、専門ショップで相談した際に台湾製は・・・としぶられて、自分でやろうかと考えていました。もう一度ショップに相談してみます。本当にありがとうございました。

参考になれば幸いです~
ショップ関係に相談されるのであれば、
『サイクルハウスしぶや』(http://www.cycleshibuya.com/)
『和田サイクル』(http://www.wadacycle.jp/)
なんかいいと思います。
しぶやさんには色々とカスタム関係で相談させてもらったりしてますが、丁寧な対応で答えてくれますし、遠方でも自転車を発送すれば対応してくれますよ。
和田さんの所も同じですね。
どちらもかなりお忙しいようで(特に和田さんの所は正に駆け込み寺状態(^^;)、事前に電話やメールで相談して、時期なんかも話をしてみるといいと思いますよ。

俺は『とりあえず疑問があれば分解して中を見る』っていうタイプなので、更に壊したりする事もあります。
その甲斐あってとりあえずのメンテナンスは自分で何とか出来るようになりましたし、ブログの通り色々と改造(改悪?)する楽しさを知りました。
最初の一歩を踏み出すのは躊躇するかもしれませんが、意外と何とかなったりするものですよ~

あ、ちなみにヘッド周りはオーバーサイズですから、もし身近なショップで相談されるのであれば、その辺りを言うと判りやすいかもしれませんね。

コメントを閉じる▲
さて、そんな訳で塗装も最後になります。
前回ウレタンクリアまで吹き付けています。
最後の乾燥は、缶の指示の通り72時間待ちます。

さて、吹き上がった状態は、とても綺麗に光っています。
しかし当然ながらこれで終わりではありません。

そう、最後に地味で、それでいて大切な工程である研磨が入ります。
まぁ研磨なんて言ってもそれ程大げさなものではありません。
耐水ペーパーで粗目から磨き、段々と細くして最終的には研磨剤、コンパウンドで仕上げます。
今回は大分手抜きなのである程度しかやってません。
本当に綺麗に仕上げるならば冬の乾燥した時期が最適です。
今回もクリアを吹いた後に若干雨が降った為、部分的に白化していました。
これは塗料が吸湿してしまった為。
そして吸湿した部分が斑になっているという事は、それだけ塗装に斑があった(塗装面の厚さがまばらだった)という事です。
仕事で今まで何度も車を塗ったりはしていますが、やはり缶塗装は難しいです(^^;
ガンの方がやっぱり楽ですね(^^;
まぁ腕が大した事無いというのも在るんですけれどね(-ω-)

まぁそんな訳である程度磨いた姿がこちらになります。

00481.jpg00480.jpg
00479.jpg00478.jpg

まぁ、短期間で仕上げたのでこんなもんでしょう。
実際は写真よりも大幅にみすぼらしいのですが(^^;

もう少し時間をかけて、じっくりとやれたら変わってくるんですけれど…
まぁそうは言っても基本的にウレタン塗料なので、強度もそれ程ではないですからまたいずれ再塗装すればいいのかな…なんて風にも思っています。

次は全部ウレタン塗料ではなく、仕上げのクリアだけウレタンにしようかなぁ…
最終的にこの後組みつけていく訳ですが、既に部分的に塗装が割れてしまっています・゚・(ノд`)・゚・。
タッチアップしていますけれど。
そうなると強度は車用カラースプレーの上にウレタンクリアを吹いた物と大差が無いんですよね。
それならコストカットを含め、下塗りを丁寧に重ねてウレタンクリアにした方が綺麗になりそうです。

とは言っても、あまり自転車の再塗装はしたくないですねぇ…(^^;
久々にこういう事やって楽しかったですが、周りに飛び散った塗料なんかの後片付けは大変でしたから…(^^;

にほんブログ村 自転車ブログへ

FC2blog テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

【2009/08/30 19:55】 | BROMPTON M3L
トラックバック(0) |
その3とは言っても、やってる事は同じです(^^;
プライマーを研いだ時と同じく、耐水ペーパーで平滑を出すように研ぎます。
全体を研いだら、水拭きして表面の塗料カスを拭き取り、シリコンオフ。

仕上げ塗りのクリアを吹き付けます。

クリアもメインカラーの黒を吹いた時と同じく、最初は吹きにくい所に吹き付けてから全体に薄く、徐々に厚めに吹いていきます。
本来であれば乾燥させてから更に上塗りをしていくようにするべきなんですけれどね…
まぁ、ある程度の時間差をつけて吹いて、垂れないようにしたつもりではあります。

これから72時間の乾燥。
半日も置いておけば乾いているんですが、一応仕上げ塗りなので時間をかけて乾燥させます。

多分部分的に白く濁ってそうです。
やっぱり湿度の多い時期は良くないですね。

乾燥が終わったら、サンディングしてコンパウンドで磨いて終わりになります。
まぁ磨いてみて、納得がいかなければこの上に更に吹くかもしれませんが…

綺麗になってくれればいいなぁ…

にほんブログ村 自転車ブログへ

FC2blog テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2009/08/23 16:49】 | BROMPTON M3L
トラックバック(0) |
狩野川100kmサイクリングにエントリーしてしまいました。

こういうの出るの、初めてなんですよね~(^^;
まぁ、何とかなるでしょう、きっと。

ただ、仕事が見えていないのが現実。
ひょっとしたら参加できないかもしれない…という事で、100kmにしました。
160kmも興味はあったんですが、二日間とも空くとは限らないもので…
何より100kmも走れば、個人的には十分ですw

SNSの面子も何人か走るようですし、知り合い同士で走れたら楽しいでしょうね。

当日、仕事が入らない事を祈ります。
エントリーフィー勿体無いですから(^^;

にほんブログ村 自転車ブログへ

FC2blog テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2009/08/23 00:26】 | 雑記
トラックバック(0) |

Re: エントリー
しんほー
ロードだと100kmをどれくらいで走るんですか?
この前大阪帰ったときちょっと漕いだのですが、なんちゃってMTBだと途中遊びながらですが、だいたい6、7時間くらい掛かった気がしますー

あのう。質問ですが、静岡~神奈川にかけてなんかいい宿(安くておいしい?)知ってますか?

横浜まで行くと友達がいて泊めてもらえますが、一日目の宿泊がまだ決まっていなくて困ってます・・・

よくばりですが、4、5000円で温泉(個人的にはお風呂でいいが)、漁師飯か地元の特産が食べれるみたいなのを探してます。

知ってますか??


Re: Re: エントリー
Shein
俺は遅いですからねぇ…
以前平坦な所を走っていた時は、のんびりあちこち寄りながらだったので、やっぱり5時間位かかっていると思いますよ。
今回は坂もありますからね~(´・ω・`)
何分最近走っていませんし、時間云々よりも走りきる事を目標にします(^^;

安くて美味しい宿ですか…
伊豆まで降りてくれば幾つかありますけどね~(^^;
遠くなりますね、大分(^^;

他だとどうにも素泊まりとかビジネスホテルばかりなので、詳しい事は判らないですね。
ただ、実際4~5000円で食事付きは、ちょ~っと苦しいと思いますよ(^^;
素泊まり辺りの相場が3~4000円ですからね~
逆に素泊まりで探してみて、美味しい物を探しに行くっていうのもアリかもしれませんけれどね(^^;

あまり力になれなくて申し訳ないです(^^;

Re: エントリー
しんほー
あのう、サイト見たら参加したくなって来ちゃいましたww
実はいつかホノルルとか沖縄、北海道とかで走ってみたいんですよねー
だから俺も練習みたいな感じでポチっとエントリーしようかなw
ランドナーという異端児ですがw

いーや、だいぶ力になれましたよ!!
素泊まりで、地元のおいしいお店で晩ご飯。
思いつきませんでしたー
ぜひ、その作戦でやらせていただきまーす。

Re: Re: エントリー
Shein
参加しちゃいますか~w
エントリー費用はかかりますが、100kmなら3500円、160kmなら5500円ですよ~
ホノルルセンチュリーライドはいつの日か走ってみたいですね。
東京も走りたかったんですけれどね。
丁度その時は仕事なんで諦めました(´・ω・`)

> ランドナーという異端児ですがw

いいんじゃないですかね~
自転車が好きならそれでいいかと(^^)
流石に6インチや8インチは居ないでしょうが、ミニベロで参加されている方も多いみたいですよ。


> 素泊まりで、地元のおいしいお店で晩ご飯。
> 思いつきませんでしたー
> ぜひ、その作戦でやらせていただきまーす。

個人的にはこういう事ばかりしてますねぇ(^^;
旅館やホテルの料理もいいんですけれど、朝市とか海沿いの食堂なんかで食べるのも、また美味いですよ~(^^)

ランドナーですし、シングルテント買って、それ積んで走るってのはどうですかね~
グレートジャーニーには程遠いですが、雰囲気は味わえるんじゃないですかね(^^)

Re: エントリー
しんほー
うわー。結局ブログ更新できずww

160kmはまたの機会で、やるとしたら100kmに参加します!
まあサイクリング大会なんで、楽しく乗ろうと思ってます。
個人的にはスローピングより古っぽいホリゾンタルのランドナーのほうが好きですしw

朝市いいっすねー
輪島しか知らないのでいろいろと調べてみます。

実は一人旅ではなく2人旅なんですよー
俺は野宿派だけど、相方が泊まりたい派でww
だからテントはまた今度になりそうです。

Re: Re: エントリー
Shein
更新は計画的に(ぉ

気楽に行きましょうw
無理して書いても辛いだけですからね(^^;

100km位が丁度いいと思いますよ~
今回のコースは前半の山(400m位ですが…)超えてしまえば後は下りと平坦な道ですからね~
最初だけ頑張れば、何とかなるかもしれませんね。
登れるかかなり心配です…最近走ってないので(^^;

ホリゾンタルフレームってまた良いですよね~
Pisasportを買うか、Minivero8を買うか、本気で悩みましたからねぇ。
クラシックなフレームではありますが、ある意味王道なんでしょうね。

朝市、いいですよ~
以前仕事で北海道に行った時の朝市は凄かったですね~
海鮮丼とか地の物に直結している物は美味しいですよ~(〃'∇'〃)ゝ

> 俺は野宿派だけど、相方が泊まりたい派でww

カノージョですかねw
ならばなおの事テントで旅行するのもオススメですよ~ヽ(`▽´)/
そのうち口説き落として、是非ともテントの旅へ…w

Re: エントリー
しんほー
カノージョちゃいますよー

野郎ふたりですww

ちなみにオーストリッチのリアサイドバッグ付けたらかなり旅気分な自転車になったww

あ、明日の昼間に写真やら撮って更新しますwwたぶんw

Re: Re: エントリー
Shein
野郎なら気にせず野宿が最高ですよww
あれはあれで楽しいですからね~
まぁ、旅慣れてからでもいいかもしれませんね(^^;

オーストリッチのバッグ、いいですねぇ~
サドルバッグですが、Bromptonに着けようと思っていたんですけどねぇ…
人気なのか何なのか、品薄で変えなかったので、結局他のにしました(^^;

コメントを閉じる▲
…また1台増えました(^^;


先日1台減ったばかりなのに(^^;



あ、ちなみに今回もまた中古ですw
衝動買いです、本当に。

色々と考えている最中だったので…
その辺りは、何を買ったのか等と一緒に書こうと思います。
とりあえずは、届いてからw

勢いって、怖いなぁ……(^^;
にほんブログ村 自転車ブログへ

FC2blog テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2009/08/21 23:20】 | 雑記
トラックバック(0) |

Re: Bromptonのカスタムの最中ですが…
しんほー
めちゃ買いますやんー笑

あ、最初のロード結局中古のランドナーにしましたw

アンカーのRNC3(ほんとは7だけど高杉・・・)の納期が9月末。

東京旅行間に合わんってことで、2万で手に入れただいぶ古いランドナー。

でもそこら辺のママチャリよりはだいぶ走るのでよかったです、

あ、そうだった。。。

いらなくなったちゃり、里子受け付けてますww
格安でお願いしますwww


Re: Re: Bromptonのカスタムの最中ですが…
Shein
おお~ランドナーですか。
こりゃあ旅に出てみるしか無いですねぇ~(/・ω・)/
テントやら何やら積んで走っていって、湖畔で朝靄の中珈琲飲んだり…
何かそんな贅沢な時間を過ごしてみたいですねぇ~

とりあえず、今回買い足したのもある意味レストアが必要になりそうな物です(^^;
ワザワザ苦労する物買わなくてもいいのにと思いつつも…まぁ、破格だったからっていうただそれだけで買っているんですけれどね(^^;
ちょっと考えている事があって、その為に…みたいな。

とりあえず先ずはBromptonのオーバーホールが優先ですね。
塗装もほぼ終わって乾燥待ちですから、後は時間を見て組んでいくばかりですね~

里子は当面予定はありませんが、考えておきますw

コメントを閉じる▲
昨日に引き続いて塗装の続きをします。

表面の状態ですが、若干ゆず肌に。
湿度もあるしスプレー缶なので、この辺りは仕方が無い部分です。

先ずはこのゆず肌を、研いで滑らかにします。
しない場合もありますが、仕上げで綺麗にしたいのであれば、出来ればやって置いた方が綺麗になると思います。

今回は1500番の耐水ペーパーで水研ぎします。
目の粗い物からやってもいいんですが、あまり厚く吹き付けている訳でもないので…
とりあえず表面を平滑にする事が出来ればそれで良しとします。

車なんかでは感じませんが、自転車のフレームは研ぎにくいですね(^^;
ラグの部分は適宜耐水ペーパーを切って、角の部分を使って磨きます。

指先で全体を撫でてみて、凹凸が感じられなくなるまで磨きます。
今回は手抜き気味ですが、まぁ表面だけは平滑に磨いておきました(^^;

磨き終わったら綺麗なウェスで全体を拭き取った後、シリコンオフで脱脂。
脱脂はしっかりやらないと塗装面に影響が出ます。
パーツクリーナーでも脱脂は出来ますが、冷えて水滴が出来てしまうのであまりお勧めしません。
無水アルコールやシリコンオフを使った方が効率はやっぱりいいですね。

塗料は昨日のプライマーと同じく、イサムのエアーウレタン。
缶スプレーでの塗装はメーカーや製品名を合せたほうが良いです。
時と場合によってですが、第一種石油類と第二種石油類の違いで、塗装面が逆に荒れてしまったりする場合があります(ルアーで同じようなことをやりました…)。
メーカーが同じであれば色の違いも出にくいですし、中身の溶剤類も同じものを使っていますから安心して使えますね。

換気の良い場所で作業開始。
防毒マスクも着用しています。

プライマーの時にも書きましたが、先ずは塗りにくい部分から塗装していきます。
ある程度塗れたら、全体的な塗装へ。
地の色になるのでムラにはしたく無いですからね。

個人的な塗り方ですが、最初は全体に薄く色付けをしていき、後半は厚めに塗装します。
塗装が一番綺麗に仕上がるのは、垂れるか垂れないかの瀬戸際。
スプレー缶では難しい話なので、ある程度大雑把でいいと思います。
基本的に研磨をする前提でやっているので、ある程度のゆず肌なんかが出来るのは前提てしています。
この湿気の多い時期にやろうとしているのだから、その辺りは妥協ですね(^^;
磨けば大抵は綺麗になりますから安心です。

00464.jpg00465.jpg

こんな感じで。
今回は黒にしました。
元々はシルバーですが、缶ペイントのシルバーは、正直薦めません。
メタリック系は難しいんですよ、結構。
ソリッドカラーであれば塗装面も硬い(メタリックに比べて、ある程度ですが)ですし、塗料流れもし難く見た目も綺麗に仕上がります。
ソリッドカラーでも黄色は何故か綺麗に乗らないので避けたい所ですね。
今回の黒にした理由はそういう意味と、後々のカスタムの為に選んでいます。

まぁ、黒は比較的失敗し難いですし、チャレンジしてみてもいいのではないでしょうか(^^)

逆にカラーカスタムをやりたいという方は、缶ペイントではなくてエアーガンを使う物を揃えていった方がいいと思います。
初期投資は大きいですが、缶スプレーでの塗装よりも細かいミストでの塗装になるので、仕上がりは綺麗になります。
それに色を作ったりするのも自分で自由に出来るようになりますし、場合によってはラメを入れたり、パールカラーにしたりなんて事も出来ますからね。
スプレーでも一応ありますが…個人的にはあまりいいとは思わないんで…一応(^^;
小物だけであればハンドピースを使ったりというのもアリでしょうね。
こっちであれば初期投資も大分安くなりますし(当然ピンキリありますが)。

これで後は乾燥ですね。
この後はまた耐水ペーパーで磨いて、ムラが無ければ仕上げのクリア塗装、ムラがあるようであれば、再び色を重ねます。
まぁ、出来れば仕上げのクリア塗装になってくれればいいんですけれどね…(^^;

にほんブログ村 自転車ブログへ

FC2blog テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

【2009/08/21 13:35】 | BROMPTON M3L
トラックバック(0) |
はい、本日2本目。

午後からはBromptonを塗装する為の準備に入ります。
そうです、前回後ろの三角までバラバラにしたのはこの為だったんです。

さて、実際問題の塗装の話なんですが、つい先日まで板金関係の仕事をしていた身としては、こんな夏場にしかも缶スプレーで塗装するというのは正直薦めません。
それでもやるのは、錆の心配があったからです。
凹み等は無いものの、傷が多くそこかしこから錆が浮いている状態。
タッチアップというのも考えましたが、どうせやるなら…という事で塗る事に。
クロモリなのでやっぱり錆びますし、その上処理が甘く錆びやすいという台湾モノだけに…

実際こんな事始めてますが、薦めませんからね(^^;
綺麗にしたいのであればやっぱり業者さんにお願いした方がいいですよ。
車関係の板金でもアクリルやウレタン塗装はやってくれると思いますし、電着塗装(粉体塗装)は薄く丈夫な塗装面になりますから折り畳みなんかには良いですし(場合によっては粉体塗装はパーツクリーナー等で溶け出す事もありますので注意)。
そもそもにしてスプレーみたいに圧力が一定ではなく、ノズルの口径が大きい物では綺麗にはなりにくいですからねぇ…

まぁそんな事書いていてもやるんですけれどねw

今回用意しているのは、イサムのエアーウレタン。
ラッカー関係は安いんですが、やはり塗装面の強度がありません。
後々ウレタンのクリアーを吹くとしても、出来るだけ缶スプレーで塗装する場合はウレタン系を使った方がいいと思います。
高いんですけれどね(^^;
スプレー缶は3本用意していて、下地であり上塗りの足付きを良くする為のプライマー。
その上に吹き付ける本体色と、仕上げのクリアーになります。
今回塗るのは後ろの三角とフォークだけなので各1本で十分足りると思います。

さて、塗装に入る前に、今ある塗装を剥離します。

00458.jpg

今回は剥離剤を使います。
仕事でも使ったスケルトンを使用。
*ガスが出ます。防毒マスクを着けて、換気の良い場所でやりましょう。

実は剥離剤ってあまり好きじゃないんですよねぇ…
剥離した後処理が面倒で…綺麗に剥離剤を落としてしまわないと、後々の塗装にも影響します。
仕事でやっていた時は、基本的に研削して塗装を剥がしていました。
時間はかかりますが、こちらの方が間違いが無いんで。
でも今回は剥離剤使います(^^;
削った塗装が舞い散るのも良くないですから…この辺りは、やっぱり自家製だけあるなぁという気がしますね。
塗装ブースが欲しいです…

00459.jpg

スケルトンを刷毛で塗ります。
錆びている部分や傷の部分から剥がれていきます。
浸透しやすいからなんですね。
出来れば事前にワイヤーブラシや目の粗いペーパーで粗く磨いておくと処理は楽になります。
作業する時はゴム手袋、マスク、長袖長ズボンを着用して出来るだけ肌を曝露しないようにしましょう。
剥離剤は大抵劇物で、皮膚に付くと火傷のように痛みます。
万が一付いた場合は、直ぐに水でよく洗い流し(こすらない)、その後石鹸をつけて洗えば大丈夫です。
正直痛いですよ…今回も何箇所か付けてしまいましたが…

00460.jpg

アップにするとこんな感じ。
浮いてきた部分はスクレーパーやワイヤーブラシを使って剥がしていきます。
剥離剤塗布→放置→スクレーパーで剥がす、の繰り返し。
フレームとフォークと交互に作業していきます。

00461.jpg

2時間程でこの程度。
ワイヤーブラシ等でゴシゴシ擦ればもっと早いんですが、出来るだけ磨かずに剥がしたかったので、時間かかってます。
全体写真も撮っていたんですが、ピントがずれていて駄目でした(^^;

さてこの後ですが、俺の場合中和処理します。
水でザバザバ洗いながら、全体をタワシで擦ります。
スケルトンは強アルカリ性なので、水で何度も洗い流してやらないと、次のステップに移れません。
人によってはウェスで拭き取って、パーツクリーナーで洗ったりするみたいですが、水で十分です。
洗い終わったら水分を綺麗に拭き取ります。
フレームの内側に入ったりしている場合もあるので、エアー等で吹き飛ばしてやります。

ここまできたら、錆の処理。
足付けも兼ねて全体を粗目のペーパーで磨きます。
錆も極力落とします。
磨きが終わったらパーツクリーナーで洗い、拭き取り。
乾いたらシリコンオフで脱脂して、拭き取ります。

ここまで来て、漸く塗装の下塗りが出来ます(^^;
塗装中は手に持ったりしないようにする為、フォークは逆さにして棒に挿し、フレームは針金を通して吊れるようにします。

そしたら下塗りであるプライマーを吹き付けます。
15cm程度離して、全体に吹き付けるんですが、先ずは塗りにくい場所、入り組んだ場所や谷になる部分から塗装します。
こうする事で色むら等がしにくくなります。

ウレタン塗料は2液性なので手早くさっさと塗っていきます。
なので写真はありません(^^;

00462.jpg00463.jpg

塗り終わった状態です。
まぁ、ぼちぼちの出来栄え。
ちなみに缶スプレー塗装で綺麗に塗るコツは、缶を暖めながら塗装する事(内部のガス圧が上がるので、ムラが出にくくなる)と、ケチらない事(ガス圧が次第に弱くなる為、少なくなるとダマになり易い)。
ここを注意すればぼちぼちの出来にはなると思います。

とりあえずここまで。
乾燥させてから次へと進みます。
完全乾燥まで72時間。
長いですねぇ…

にほんブログ村 自転車ブログへ

FC2blog テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

【2009/08/20 21:12】 | BROMPTON M3L
トラックバック(0) |

Re: Bromptonの塗装(その1)
marty
すごい! 剥離剤は怖くて私は使えませんでした。サビが酷くてフレーム捨てましたが(笑)

Re: Re: Bromptonの塗装(その1)
Shein
実際にmartyさんがおっしゃるように怖いんですよ…(^^;
強アルカリ性なので皮膚に付くと速攻で痛くなりますし。
今回は金属用の物を使ったんですが、ロウ付けが大丈夫か心配でした…

田舎なんで、多少臭っても騒ぎにはならないからいいですけれどねw
正直剥離剤使わないで済むなら使いたくなかったですね~(^^;

コメントを閉じる▲
今日から日曜まで夏休み。
朝も早くから目が覚めたので、涼しいうちに走りに行って来ました。
先日買い物に行った時に、新しい戦力を購入しました。

00453.jpg

ハイドレーションバッグ付きのバックパックです。
OUTDOOR Cyclone BACKPACKという商品。
実際は12000円オーバーなんですが、セールで半額6200円で購入しました。
暑い時期は多めに水分を持っておきたいですし、ボトルを外さなくても飲めるのは楽でいいなと。

00452.jpg

入れ口は3箇所、1箇所はハイドレーションバッグが入っていますが、ここにも入るには入ります。
荷物は結構入るようですね。

00451.jpg

ちなみにハイドレーションバッグは2L。
ボトルも一応車載していざ出発。

真夏の白浜を横目に過ぎて、いつもの道の駅まどが浜に着く頃には、体調最悪。
頭は痛いし吐き気はするし…
暫く日陰で休憩。

当初の予定を変更して、天城方面に。
当初は南伊豆→松崎→下田→天城の予定だったんですが…
ここ暫く走ってなかったし、暑さにやられたのかもしれません。
全然走れなくなってます。

00455.jpg00456.jpg

まどが浜を出て、一路天城方面へ。
ここからはゆるーくながーい坂道。
ここでも途中で脚がつりかけたので再び休憩。
ついでに気が付いたんですが、サドルが緩んでガタガタ。
ボルトとかは無くなっていなかったので一安心。

サドル変えての感想ですが、いやぁ、いいですよ、BBBoroですがw
ANGELと違って変に滑らないし、サドルでレーパンの生地がひっかからなくなったので快適。
クッション性も薄い割には良い感じ。
あの値段だったらあと3つ位買っておけば良かったと後悔してます。
暫くは交換する必要も無いですね。

00457.jpg

少し走ると見えてきた峰山トンネル。
ここが一応最も高い所。
この道を進めば天城峠にスイッチします。
ここからは下り。

風が気持ちいい~(~o~)

この道は上を木々が覆っている場所が多いので、実に快適に走れます。
比較的車も少ないですが、今は丁度国道が混む時期なので、地元の人達はよく通りますね。

そのまま下って、天城を更に下って帰宅しました。

いやはや、鈍ってますね…大分。
これはちょっと頑張らないと、色々キツそうですね…

走行時間:1.59.31
走行距離:38.9km
最高速度:58.2km/h
平均速度:19.5km/h

……遅っ・゚・(ノд`)・゚・。

にほんブログ村 自転車ブログへ

FC2blog テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

【2009/08/20 19:42】 | ツーリング
トラックバック(0) |
本日3本目(^^;

VoraleにはSELE SUCCSESSのANGELを着けています。

00435.jpg

実はこれが今ひとつ…
カーボンベースにケプラーの表皮が張ってあるんですが、どうもこれがレーパンと相性が悪いようで。
というのもフレームベースが表皮を固定しているんですが、デザインの関係からかサドルの先端、細い部分の表側にまでカーボン部分が出ています。

00435a.jpg

赤い丸で囲った部分ですね。
これがぴったりくっついているのではなく、若干浮いているんですね。
なので腿の部分でこすれて、レーパンが痛むんです。
気付いたのは洗濯して干した後なんですが…

そういう現状もあり、ケプラーで滑るという面も含めて合わないなと。

で、先日よく行くショップに顔を出した所(ちなみにVoraleもこのショップでフレームの登録しています)馴染みの店員さんと話をしていて、ふとした事からサドルの話に。

俺「サドルがね、良くないんですよ」
店「割と軽いサドルでしたけど、駄目でしたか」(←店買いじゃないけど物を見せた事がある)
俺「レーパン痛むんですよねぇ」
店「そういえば軽くてイイのありますよ~BB Boroですけど」
俺「Boroって使った事無いんですよねぇ…」
店「ぶっちゃけ不人気ですからねぇ~仕入れでも買い叩いちゃいました」
俺「(^^;実際どうです?物としては」
店「物はいいですよ、実質ブランドメーカーのOEMですから。ただ名前で売れないだけで」
俺「まぁそうですよねぇ、だって」

俺&店「ボロですからww」

メーカーの方々スイマセン(^^;

でも実際に名前で損している気がするのは気のせいですかね(ボロじゃなくてボローなのは判ってるけど(^^;)

で、BB Boro 1200Tiを購入。
3980円也。
元々が10000円台のサドル、OEMじゃなければ更に高い値段のサドルだけあって、翌日には売り切れたそうですw

実際重量を測ってみた所186g(キッチンスケールなので誤差はあると思いますが)。
メーカー側が出している重量と誤差0g。
これって凄いですねぇ。

早速元のサドルを取り外して並べてみます。

00436.jpg00437.jpg

左が1200Ti、右がANGEL。
作りも悪くないですし、ANGELよりも更に軽い(俺には関係ない程度の重さですが…)。
サドル自体は1200Tiの方が少し柔らかい感じ。
座面は1200Tiの方が若干広く、全長は短い。
厚さは1200Tiの方が気持ち薄い感じ。

00438.jpg00439.jpg

横からの写真を見ると、ANGELが凸状なのに対し、1200Tiはフラットに近い形状。
だからANGELは尿道辺りを圧迫していたのかもしれませんねぇ…
後ろいっぱいで座っていればそうでも無かったような気もしますが。
1200Tiはサドル中央のくぼみが比較的長いので、尿道に対する攻撃性は低いかもしれません。
こればかりは乗ってみないと判りませんが…

とりあえず、位置を合せて組み付け終わり。
乗りに行きたいですが、この暑さが和らいでくれないと、少々辛いですねぇ。
乗ってみた感想はまた別の機会に。

にほんブログ村 自転車ブログへ

FC2blog テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

【2009/08/17 12:19】 | EMINENZA VOLARE HM(終)
トラックバック(0) |

Re: Voraleサドル交換
しんほー
どーもー

しんほーですー

記事とは関係ないですが、作っちゃいましたのでおこしやすー


Re: Re: Voraleサドル交換
Shein
早速伺います~(^^)
どんな風になっているか楽しみですね(^^)

コメントを閉じる▲
本日2本目。
ネタは沢山あるんですが、実際に作業しながら紹介していくつもりなので…(^^;

部品関係を色々買い揃えてきたんですが、こんな物を買いました。

00445.jpg

そう、BROMPTONと言えば、BROOKS。
最早黄金比みたいな関係、お約束。
こちらでも書いているんですが、敢えて外したいという思いがあったのでロールスを付けたんです。

尻に合わない・゚・(ノд`)・゚・。

何度か乗っているんですが、どうもしっくりこない。
使っている人の殆どが良いという評価なんですが…何故・゚・(ノд`)・゚・。
まぁそんな事もありまして、どうせなら当初欲しかったサドルにしてしまえと。

00446.jpg

ちなみに物はB-17Std。
初めての革サドルなんで、とりあえずはスタンダードな物を。
価格としても安かったですからね(7800円)。
純正ワックス(900円)も同時購入。

そして…

00447.jpg

サドルバッグもBROOKSにしました。
BROOKS MILLBROOK(7550円)
ロールスが革風だったので敢えて帆布系のサドルバッグを探していたんですが、人気なのかネットショップ関係に投げかけても入荷未定の品ばかり。
結局サドルを変えるのでついでに統一する事にしました。
ちなみにこのMILLBROOKはレプリカで、革ではなくビニールレザー。
本物(と言うか元祖)は1950年代の物だそうで、それを元にして作られた、安価なタイプの物。
ちなみにLEATHER MILLBROOKという本皮の物もありますが、価格は6倍以上ある45000円台。
思い切り良く買えなくも無かったですけれど、黒が無かったので結局レプリカでw
一安心ですねw

00448.jpg

じゃあレプリカだから駄目かと言えば、そんな事は無いと思っています。
本来の革と違うのは仕方がありませんが、それでもしっかりとしたフェイクレザーになっています。
パッと見た位じゃ判らないですね、きっと。
寧ろ革ではない分気楽に扱えますし、雨が降った時でも安心です。
味を出していく、所謂『革を育てる楽しさ』は無いですけれど、俺にはサドルの手入れで手一杯になるでしょうから十分過ぎるでしょうw
ちなみにサイズはW230 D165 H180(mm)になります。
ちなみにこれより大きいGLENBROOKという物もあるのですが、こちらはW330 D165 H180(mm)。
流石に幅がそこまで広がると邪魔かなぁという気がしたので(^^;

00449.jpg

ちなみにどちらにも同じ英字新聞のようなパンフレットが入っていました。
まぁ読んでいませんが。
こういうの何か好きです。
ちなみにサドルバッグにはブルックス純正の綿手提げ袋を付けていただきました。

サドルは早速裏側にベットリとサドルクリームを塗っておきました。
軟弱な尻もしくはケツなので、この辺りはしっかりやっておかないと後で大変な目にあいそうです(^^;
しかし、レザーサドルの手入れの仕方って、千差万別ですね。
以前ヤマ行こ!にも書いたんですが…
==============================================
気になったので、職場の元ランドナー乗りの方に聞いてみました。
ブルックスではなくイデアルというメーカーの物を使っていたそうです。
メーカーによって違うそうなんですが、
1.自転車から取り外して固く絞った雑巾(綺麗な物)で全体を水拭き
2.裏側にはオイルをしっかりと塗りこむ
3.表面側は全体的に薄めに塗りこみ、乾いたら磨く
というのが一連の流れだそうです。
オイル自体はメーカーで販売されている物があればそれを使えばいいし、無ければミンクオイルやドロースオイルという物を使っても良いそうです。
その人は最初の頃は皮を早めにフィッティング出来るようにと、裏側にはドロースオイルをタップリと塗りこんだそうです。
ある程度馴染みが出てきたら、ミンクオイルや普通のオイルにすると、型崩れをしにくくなるそうです。
==============================================
という事を聞いていたので、とりあえず試してみる事に。
革系が好きだったのでソフナーなんかもあるんですが、下手に使ってブヨブヨになっても困ります(^^;
なので基本に忠実、サドルクリームと相成った訳です。
ネットで調べてみると、サドルクリームを火にかけて水状にし、それを刷毛で裏側に塗りこんでいくという方法もあるそうですし、塗り終わってからドライヤーで暖めて溶かすという手段もあるそうで。
実際どれが正しいとかっていうのは無いのでしょうが、まぁ一般的な『裏側にたっぷりと塗って置く』というのは間違いないだろうと。
後はやっぱり、出来るだけ座ってやる(=乗って走り回る)事が一番でしょうねぇ…

軟弱なケツが悲鳴を上げるんじゃないかと今から心配ですよ…(´・ω・`)

何にしてもBROMPTONは暫く動けないですから、その間は毎日出来る限り手入れをしていこうと思います。

にほんブログ村 自転車ブログへ

FC2blog テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

【2009/08/17 11:19】 | BROMPTON M3L
トラックバック(0) |
日曜日。
朝から走りに行こうと思っていたものの、渋滞が既に始まっていたので辞めました(=_=)
混んでる車の脇を抜けてくるバイクが居るので、とてもじゃないですが走れません…

そんな訳で、朝から自転車のメンテナンス。

割と1台にかかりっきりになるタイプなので、暫く乗っていない場合もあります。
それでなくともここ最近は忙しいのと暑いのとで尚更なんですが(^^;

00430.jpg00431.jpg

自宅にある自転車を全て並べました(^^;
6台(会社に1台ありますが)並べてみてふと思ったのが、

『なんでこんなに増えたんだ…』

でした(^^;

00432.jpg

NeO Compoも久し振りに登場。
台湾BROMPTONもNEOBIKE社製なんで、『原型は』似た部分が何箇所かあります。
NeO Compoのフレームワークはオールドダホンと殆ど変わらず、ハンドル・ホイール関係はBROMPTONという、ハイブリットと言うか寄せ集めみたいな物です。
前オーナーから譲り受けた時点でほぼ今の状態だった訳ですが、ロードレーサーよりも深い前傾姿勢という、とても画期的(笑)な物でした。

00433.jpg

重量もBROMPTONに比べれば軽いんですよね。
BROMPTONの方でも書きましたが、ホイールが同じ16インチでもHEとW/Oの違いがある分更に重いでしょうし、折り畳み構造事態がシンプルな分、NeO Compoの方が軽いんでしょうね。
フレームも細身のパイプを組み合わせていますから。

00434.jpg

NeO Compoは本当に初めて本格的に分解した自転車でした。
メンテナンスの基本的な部分や、玉当たりの調整なんかもネットで調べて四苦八苦しながら試した自転車でした。
素体としても面白い物だったと思います。

まぁちょっと過去を振り返ってみた訳なんですが、実はこのNeO Compo、知り合いの元へと旅立って行きました。
横浜でBianchiのロードに乗る同級生です。
趣味人の俺から見てもそれ以上の趣味人な彼が、昨日取りにきました。
しかもSuper7(VAUXHALL Racing)でw
どれ位趣味人が理解頂けたかとw

この同級生がSuper7買う時に色々と相談を受けていた(当時は車業界に居たので)んですが、彼曰く『実用性皆無の車が欲しい』という事だったので、このSuper7とDE TOMASOのPANTERAを薦めたんですw
まぁ正直本気で買うとは思わなかったんですが(^^;

そんな訳で、NeO Compoは次のオーナーにバトンタッチ。
早速乗ったようで、気に入ったみたいです。
まぁあれだけバラして整備しましたからね(^^;
調子も良かったと思います、ハイ。

さて、手入れの方が終わったら今度はカスタムの為の準備。
BROMPTONもオーバーホールがてら色々といぢって行きたいと思います。
先日からコツコツと部品を集めてきたんですが、漸く重要な部品が手に入ったので手を付ける事にしました。
とは言っても今の段階はとにかく『自転車を分解する』という所から。

00441.jpg

外装パーツであるブレーキの類からワイヤー関係、取れる部分は全て外します。

ここでリアの三角も外します。
これがまたとんでもない苦労を強いられました…(´・ω・`)
両側から皿ネジで止めてあるんですが、片側はそのまま抜けたものの、反対側はネジが馬鹿になっていて空回りするだけなんです。
これは困った…

00440.jpg

中に入っているのはこういう部品。
シャフトは中空ではなく(強度が必要だからでしょうが)、両端にネジ穴が切ってあります。
このまま三角とフレームを繋ぐ部分に入れてもスカスカです。
その為カラーが付属しています。
これが両端に入って、締め付けることで軸を固定するんでしょうね。

片側のネジが馬鹿になっている以上どうにも抜けない。
しかしながらフレームと三角の間に数ミリの隙間が出来てきていました。
手持ちの一番薄い切断用グラインダーが入るので、フレーム等に傷を着けないように当てて切断。
運良くフレームの類に傷を付ける事無く完了。
三角側に残った部分を切削グラインダーで削り、こちらも傷付けずに余計な部分を切除。
フレームに残っているシャフト部分は、本来であれば10mmのドリルで削って外す筈ですが、グラインダーで切っている関係でポンチで突付いたら無事に取れました。

いやはや、相変わらず大雑把な作業(^^;
後先考えてませんね、ホント。
でも楽しかったんでいいですけれどねw

00442.jpg

こんな感じです。
中はグリスが付いていますが、若干錆びているかも…
ここは後で真鍮ブラシを通して綺麗にします。

00443.jpg

外したフロントホイール。
軸を持ってまわして見たら何かゴリゴリ感が…
明けてみて吃驚。
グリスが完全に消失していました。
ベアリングと玉受けを調べましたが、欠け・錆び・虫食い等無く一安心。
BROMPTONは本国製・台湾製問わずホイール関係のグリスは少ないという話を聞いた事があったんですが、これ程とは。
まぁ年数経っている中古ですし、前オーナーがそういうのを気にしていなかっただけというのも可能性はあるでしょうから何とも言えませんが…
ベアリング関係全てを洗浄してグリスをたっぷり詰めて組み立て。
とりあえず車体が完成してから玉当たりは調整すればいいので、ゴミが入らない程度に締め付けて終わり。

00444.jpg

で、とりあえずここまで分解して終了。
フロントもフォークを外してベアリングをチェックしましたが、こちらもグリス切れしてはいるものの程度は悪くありません。
交換しないで手入れだけで済みそうです(^^;

これだけ分解して何するの?
それは次回以降に判ってくると思います…(・ω・)ノ

にほんブログ村 自転車ブログへ

FC2blog テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

【2009/08/17 10:23】 | BROMPTON M3L
トラックバック(0) |
丁度今の時期、自転車関係のショップはセールをやっていますね~
まぁ大抵の場合通販を使うので、あまり旨味みたいなのは無いんですけれどね(^^;

これだから田舎って…orz

まぁそういう訳でネットオークションやネットショップ、ネット通販を使って色んな部品を吟味し、思案し、時には勢いでGet中です。


うーん、ゆっくりちょっとずついぢって行こうと思っていたのになぁ…
何故だろう(´・ω・`)


そうそう。





部品代で本体価格を超えましたよw
完成系になった時、ひょっとしたら新車が買えちゃったりするかもしれませんねぇ…
まぁ、カスタムありきでオク買いしているので、全然気にしちゃあいませんがw

本当に、自転車いじるのって何故か楽しくて仕方が無いんですよね…
組み終わって満足しちゃうのが一番困りますが(^^;
(ブログには書いていませんが、一応他の自転車も日常的なメンテしたり乗ったりしています)

まぁ俺のやっている事はちょっとしたカスタム程度ですから。
暗技研の方々には遠く及びませんからねぇ…
旋盤やフライス盤があるというのは、実に羨ましいです…

しかし、暑くなりましたね。
乗りたくても乗る気力が削がれてしまいますよ…
この辺りがヘタレたる所以かもしれませんねぇ…

にほんブログ村 自転車ブログへ

FC2blog テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2009/08/09 14:54】 | 雑記
トラックバック(0) |

Re: パーツ買い漁り中
marty
ついつい、買いあさっちゃうんですよね・・・

少しずつ改造できない気の短い性格なので気に入ったものはまとめて買ってしまい、買うパーツがない・・みたいな状況になります(爆)。

今は自転車パーツは買わずカメラ系に行っています(笑)

Re: Re: パーツ買い漁り中
Shein
そうなんですよ、ついつい…ついついwww

> 少しずつ改造できない気の短い性格なので気に入ったものはまとめて買ってしまい、買うパーツがない・・みたいな状況になります(爆)。

正しくそれなんですよw
長く楽しもうと思っているものの、ここの作業やるならここまでやった方が効率的だな、だったらここも変えた方がいいよな…


気付けばパーツが沢山あって自分でも驚いていたりww

最近はwiggleも日本語化が進んだので判りやすくなりましたし、ネットで個人輸入も一昔前に比べたら気楽に出来るようになりました。
以前輸入車のパーツを探すのに、日本→アメリカ→イタリアという様に世界を半周以上回って部品が届いたり(しかもそれが大した金額の物じゃ無かったりとか)していましたけれどね~

自転車は気が楽でいいですw
お金はかかってますがwww

> 今は自転車パーツは買わずカメラ系に行っています(笑)

こっちはこっちで泥沼ですよねw
俺はこっちだけは最後の拠り所として手を出さないようにしています…(^^;

コメントを閉じる▲
そんな訳でちょっと部品を変えたBromptonの試運転を兼ねて走ってきました。
スタート地点は道の駅『花の三聖園』です。
大沢温泉が近くにありますし、この道の駅の中にも温泉があって入浴する事が出来ます。
道路沿いは桜並木になっていて、春先は美しい桜を見る事も出来ます(^^)

00387.jpg00388.jpg


道の駅から川沿いを下ると吊り橋があります。
目的も無く走るので、こういうのは渡っちゃいますw

00389.jpg

橋好きなんですよw
渡るのがてはなくて、写真に撮るのがですよ(^^;
腕が未熟なので大した写真撮れないんですけれどね・゚・(ノд`)・゚・。

ちなみにワイヤーで吊っているので揺れます。
当然橋の上は自転車を降りて押して歩きます。

00390.jpg

前日まで雨が降っていた事もあって、やはり水は濁り気味。
それでもせせらぎの音は涼しさを感じさせます。

00391.jpg

川の対岸は丁度良く歩道になっていました。
車道沿いは木陰も何も無かったのですが、こちら側は桜の葉に覆われて木陰がたっぷり。
当然の如くこちらを走ります。

00392.jpg

木陰の中をのんびりと走ります。
風が心地良いです。
ほんの少しだけ傾斜しているのですが、漕がないでも加速していく程ではないです。
帰りも楽に走れますね。

00393.jpg

川の反対側は水田地帯になっています。
風が吹くたびに緑が靡いて、緑色の海原のように見えます。

00394.jpg00395.jpg

再び橋w
水田の為の水路なんでしょうね、きっと。

00396.jpg

川の途中途中にある堰。
ちなみにこの川は那賀川というのですが、鮎が釣れるようで。
この日も暑い中数人の鮎釣りの人達が長い竿を立てて友釣りしていました。

00397.jpg

途中にあった謎の橋??
橋と言うか、何と言うか…

橋好きでもこれは渡れません、怖すぎてw

00398.jpg

向日葵が植えてあった花壇の前でBromptonを撮影。

00399.jpg

花は小柄な向日葵でしたが、背の高さは俺よりもずっと高かったですね。
向日葵ってこんなに大きくなったんですねぇ。
子供の頃のイメージしか無いので、違和感あるんですけれど(^^;

00400.jpg

暫く進むと歩道が切れてしまったので、再び車道に戻ります。
川を下っていく途中の堰。
写真では判りにくいんですが、対岸の笹や竹が水面に写って綺麗でした。

00401.jpg

水面を泳ぐ鴨の群れ。
こういう時はズームが届かないコンデジである事が口惜しいですねぇ…
EOSを持ってポタリングもいいんですけれど、やっぱり邪魔になるんですよね。
この辺りの妥協点を何処にするかでいつも悩むんですよね…(^^;

00402.jpg

車道沿いにも桜の木が増えてきました。
やっぱり木陰は気持ちが良いですね~

00403.jpg

一息つきながら撮影。

松崎の役場の近くの橋を渡って南伊豆方向に進路をとります。
とりとめて目標は無かったのですが、ついでなので重文岩科学校の方に向かいます。
まぁ中には入りませんが…

00404.jpg

謎な写真ですね(^^;
岩科学校の方に来たものの、外側からでは見れないので駐車場でとりあえず写真撮影。
実際の岩科学校はこんな所です。

00405.jpg

岩科学校から先は峠になっているのでUターンします。
Bromptonでは行きたくないですw
Bromptonじゃなくても行きたくないです( ´_ゝ`)
川沿いを走って再び那珂川を目指します。

00406.jpg00407.jpg

那珂川に戻ったら更に河口に向けて走ります。
この川は岩を組んで護岸しているんですね。
どれくらい前のものかは判りませんが、何となく歴史がありそうにも見えますよね。

00408.jpg

そして河口へ。
漁港になっています。
脇は海水浴場に。
天気も良かったので海水浴をしている人達で賑わっていました。

一息ついたら川を上って帰路につきました。


時間にして大体2時間程で、距離は20km満たない位ですかね。
やっぱりサイコンが無いと不便ですねぇ…

まぁとりあえず走って気分爽快です(^^)
時間をかけてのんびり長距離を走ってみたいですね~

にほんブログ村 自転車ブログへ

FC2blog テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

【2009/08/02 17:44】 | ポタリング
トラックバック(0) |

Re: Bromptonで松崎をのんびり走る
しんほー
この前GX200に萎えましたー

向かいの家の屋根にカラスがいて、撮ったろうと思ったのですが、

72mmの限界><

一瞬だけCX1がうらやましかったです(笑)

Re: Re: Bromptonで松崎をのんびり走る
Shein
いいですねぇ、GX200(^^)
martyさんのブログの写真を見る度に『いいなぁ…』と思ってしまいます(^^;
新しいコンデジも欲しいんですけれどね~(^^;
今はNicon Coolpix S520を使っているんですが、起動からシャッターが切れるまでの速さは、他の機種に負けないんですよね。
おかげで普通のデジカメの起動が鬱陶しく感じています(^^;
撮りたいと思った時に撮れるというのは、ある意味最高にストレスフリーですからね~

望遠は同じくあまり望めませんが、まぁコンデジにそこまでは求めていませんからいいかな~なんて思っちゃいますね。
でもLAWが使えるのはいいなぁ…

しんほーさんも自転車が届いたらGX200で沢山写真を撮って、是非ブログを始めてくださいね(*゜▽゜)ノ

Re:
しんほー
RAWですか・・・。
いまいち使えない人><笑
martyさんにGIMPは教えてもらったんですが、
いじりかたを勉強チューです。

そうなんですよー
みなさんのブログ見てたら自分もやりたくなって、
実際やろうかなぁって思ってたとこなんですよ!

でも自転車はモデルチェンジ期ということで、
年末まで待つことになりましたー泣

まあまずはなんちゃってJeepでブログはじめよっかなぁ☆

Re: Re:
Shein
RAW覚えると更に楽しくなりますよ~
最近はあまりRAWで保存していないもので、使っていないんですけれどねぇ…
今はメインPCがダンボールの中なので、RAWソフト使えないんですよ(^^;
相変わらず転勤してから箱開けていないものですから…(^^;

納車待ちは結構辛いですよねw
俺も届くのを今か今かと待ち続けていましたからね~(^^;
なんちゃってから始めるのもいいと思いますよ(^^)
そういうのでメンテなんか覚えたりしますからね~
カスタムはPisasportで、OHはNEOBIKEで覚えましたからね。
そういうのもひとつあっても良いんじゃないですかね~(^^)

コメントを閉じる▲
さて、以前買ったパーツや最近揃えたパーツの一部を交換してみます。
まだまだ序の口ですw

00373.jpg

東京ベル チビ丸フリーバンド 「TB-550FB」(798円)
真鍮製のベル。
良い音しますね~
真鍮製が好まれる理由が何となく判ります。
ハンドルではなく、ハンドルポストに着けようと思っています。

00374.jpg

VIVAのバックループ サドルバッグ用つり金具(714円)
クラシックなサドルバッグを着ける時に、今のサドルではベルトが捩れてしまうので購入。

00375.jpg00376.jpg

タンゲ スクエアテーパーBB LN7922 シェル幅68mm 軸長118mm(3,192円)
BBのギシギシ異音が気になったので交換します。
ちなみに英国Bromptonの軸長が119mmとの事でこちらを選択。

00377.jpg00378.jpg

パークツール BBT-4BBツール カンパ ベローチェ用 (1,386円)
英国BromptonのBBを抜くための工具。

では早速交換を始めます。

先ずは先に買ってあったサンマルコのロールスにバックループを取り付けます。
実は最初どうやって着けたら良いのかサッパリ判りませんでした(^^;
脳みそ硬くなってますねぇ…(^^;

00379.jpg

こんな感じで取り付けました。
まぁまだ着けるサドルバッグを決めていないので早計な気もしないでもないのですが、サドルも取り付けちゃうつもりなので一緒に作業します。
後で外して作業するのも面倒ですし。

00380.jpg

続いてBBを交換する準備。
クランクを抜きます。
シマノのクランク抜きもあるのですが、ACORのを愛用中です。

00381.jpg

クランクを抜いての写真。
いや~錆てますねぇ……



はて。




何か見慣れたBBのような気がするのは何故でしょう?



そうなんです、普通にシマノのBB抜き工具で抜けちゃうんです。
BBT-4を買った意味無しですねぇ…
ちゃんと見ておけば良かった・゚・(ノд`)・゚・。

気を取り直して作業続行。

00382.jpg00383.jpg

新旧BB揃えた写真。
古いBBはVP製。
VP-BC73の126mm。










(;;゚д゚)








え、126mm・・・?



119mmじゃないの??


いやはや…やはり下調べは大事ですねぇ…・゚・(ノд`)・゚・。


嘆いても仕方が無いので、とりあえず新しいのを着けます。
駄目だったら他の物に流用すればいいやという軽い気持ちでw

BB軸を清掃し、綺麗にしたらグリスを塗布。
左ワンを入れてから右ワンを挿入。
右ワンを締めてから左ワン本締め。
大分慣れましたね…(^^;

クランクを外しているので、ついでにチェーンテンショナーも清掃。

00384.jpg

このパーツが非常に錆びていたので錆び落とし。
錆び取りクリーナーは今回使わず、以前バイクのOHをしていた時に使ったネバダルで磨きます。
メッキ系のパーツにも使えるから重宝しています。
何でもかんでも磨きたくなる程綺麗になりますw

00385.jpg

ある程度磨いた状態がこれ。
流石に全部は取れませんが、今はこれで良しとします。
そのうちバフかけてクリア塗装でもします。
面倒になったら丸ごと変えるかもしれませんが(^^;
でも何気に高いんですよね、テンショナー(^^;

ある程度手入れしたら再び組み上げます。
BB軸はグリスを塗ってからクランクを差し込みます。
次に外す時に困らないようにですね。

で、クランクが付いたら完成。

とりあえず形になりました。



で。




心配していた、折り畳んだ時のクリアランスですが…





00386.jpg

ギリギリですよ、ギリギリ(´・ω・`)

いやぁ…こんな事もあるもんなんだなぁ…
英国は119mm、台湾ブロは126mmなんですかねぇ…
この長さなのは初めて見たんですけれど。
個体差とかそういう問題じゃないですよね(^^;

とりあえず本日のいぢりはこれでおしまい。
まだまだ手を入れていくつもりですヽ(`▽´)/

にほんブログ村 自転車ブログへ

FC2blog テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

【2009/08/01 20:24】 | BROMPTON M3L
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。