ロードレーサー、ミニベロでのポタリングやちょっとしたカスタムの事でも。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日2本目。
ネタは沢山あるんですが、実際に作業しながら紹介していくつもりなので…(^^;

部品関係を色々買い揃えてきたんですが、こんな物を買いました。

00445.jpg

そう、BROMPTONと言えば、BROOKS。
最早黄金比みたいな関係、お約束。
こちらでも書いているんですが、敢えて外したいという思いがあったのでロールスを付けたんです。

尻に合わない・゚・(ノд`)・゚・。

何度か乗っているんですが、どうもしっくりこない。
使っている人の殆どが良いという評価なんですが…何故・゚・(ノд`)・゚・。
まぁそんな事もありまして、どうせなら当初欲しかったサドルにしてしまえと。

00446.jpg

ちなみに物はB-17Std。
初めての革サドルなんで、とりあえずはスタンダードな物を。
価格としても安かったですからね(7800円)。
純正ワックス(900円)も同時購入。

そして…

00447.jpg

サドルバッグもBROOKSにしました。
BROOKS MILLBROOK(7550円)
ロールスが革風だったので敢えて帆布系のサドルバッグを探していたんですが、人気なのかネットショップ関係に投げかけても入荷未定の品ばかり。
結局サドルを変えるのでついでに統一する事にしました。
ちなみにこのMILLBROOKはレプリカで、革ではなくビニールレザー。
本物(と言うか元祖)は1950年代の物だそうで、それを元にして作られた、安価なタイプの物。
ちなみにLEATHER MILLBROOKという本皮の物もありますが、価格は6倍以上ある45000円台。
思い切り良く買えなくも無かったですけれど、黒が無かったので結局レプリカでw
一安心ですねw

00448.jpg

じゃあレプリカだから駄目かと言えば、そんな事は無いと思っています。
本来の革と違うのは仕方がありませんが、それでもしっかりとしたフェイクレザーになっています。
パッと見た位じゃ判らないですね、きっと。
寧ろ革ではない分気楽に扱えますし、雨が降った時でも安心です。
味を出していく、所謂『革を育てる楽しさ』は無いですけれど、俺にはサドルの手入れで手一杯になるでしょうから十分過ぎるでしょうw
ちなみにサイズはW230 D165 H180(mm)になります。
ちなみにこれより大きいGLENBROOKという物もあるのですが、こちらはW330 D165 H180(mm)。
流石に幅がそこまで広がると邪魔かなぁという気がしたので(^^;

00449.jpg

ちなみにどちらにも同じ英字新聞のようなパンフレットが入っていました。
まぁ読んでいませんが。
こういうの何か好きです。
ちなみにサドルバッグにはブルックス純正の綿手提げ袋を付けていただきました。

サドルは早速裏側にベットリとサドルクリームを塗っておきました。
軟弱な尻もしくはケツなので、この辺りはしっかりやっておかないと後で大変な目にあいそうです(^^;
しかし、レザーサドルの手入れの仕方って、千差万別ですね。
以前ヤマ行こ!にも書いたんですが…
==============================================
気になったので、職場の元ランドナー乗りの方に聞いてみました。
ブルックスではなくイデアルというメーカーの物を使っていたそうです。
メーカーによって違うそうなんですが、
1.自転車から取り外して固く絞った雑巾(綺麗な物)で全体を水拭き
2.裏側にはオイルをしっかりと塗りこむ
3.表面側は全体的に薄めに塗りこみ、乾いたら磨く
というのが一連の流れだそうです。
オイル自体はメーカーで販売されている物があればそれを使えばいいし、無ければミンクオイルやドロースオイルという物を使っても良いそうです。
その人は最初の頃は皮を早めにフィッティング出来るようにと、裏側にはドロースオイルをタップリと塗りこんだそうです。
ある程度馴染みが出てきたら、ミンクオイルや普通のオイルにすると、型崩れをしにくくなるそうです。
==============================================
という事を聞いていたので、とりあえず試してみる事に。
革系が好きだったのでソフナーなんかもあるんですが、下手に使ってブヨブヨになっても困ります(^^;
なので基本に忠実、サドルクリームと相成った訳です。
ネットで調べてみると、サドルクリームを火にかけて水状にし、それを刷毛で裏側に塗りこんでいくという方法もあるそうですし、塗り終わってからドライヤーで暖めて溶かすという手段もあるそうで。
実際どれが正しいとかっていうのは無いのでしょうが、まぁ一般的な『裏側にたっぷりと塗って置く』というのは間違いないだろうと。
後はやっぱり、出来るだけ座ってやる(=乗って走り回る)事が一番でしょうねぇ…

軟弱なケツが悲鳴を上げるんじゃないかと今から心配ですよ…(´・ω・`)

何にしてもBROMPTONは暫く動けないですから、その間は毎日出来る限り手入れをしていこうと思います。

にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

【2009/08/17 11:19】 | BROMPTON M3L
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。