ロードレーサー、ミニベロでのポタリングやちょっとしたカスタムの事でも。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんな訳で塗装も終わりまして、早速組み始めます。
が、部分的に気になっていた物があったので、そちらから手を付けてみます。

00466.jpg00467.jpg


リアの三角を固定する部品なんですが、購入当初から何故かこの状態。
表面のゴムが切れたんだろうなぁ…と思いながら剥がしてみると…

00468.jpg00469.jpg00470.jpg

こんな状態。
溶けてる??(・o・)
写真上の部分、シートポストのクイックに通っている部分があるんですが、何かここが折れた(破断した)跡が。
多分溶接かなんかしたのでしょう。
で、熱伝導でゴムが溶けた。
とりあえずビニールテープ巻いて誤魔化した、という感じでしょうね。

買い換えればいいんですが、それでは工夫も何も無いですよね。
そんな訳でこんな事をしてみました。

00471.jpg00472.jpg00473.jpg

表面を覆っていた、ゴムの残りカスを剥がして、綺麗にします。
錆びた部分はワイヤーブラシと研磨布を使って磨きます。
で、この後どうするかというと、

00474.jpg

これを使います。
何かというと、液状ゴム塗料。
これに漬け込んでしまおうということなんですね。
整備屋の頃、電装のハーネスを作った時に結線した部分の皮膜にこれを使っていたんです。
1本2本ならば収縮チューブなんかでもいいんですが、本数が多い時は便利ですよ~

00475.jpg00476.jpg00477.jpg

こんな感じでディッピングして、乾燥。
5回程繰り返せば、十分な厚みが出来ます。

さて、そんな事をしながら組み始めて行きます。

00482.jpg

リアヒンジブッシュキット(4095円)
リアの三角を固定している部品。
これを抜くのも苦労しましたが、入れるときも苦労しました…(^^;

00483.jpg

フレームの中に残っていたカラー。
これが取れなくて苦労しました。
リーマーを軽く打ち込んで食い込ませ、その状態から引き抜くという荒業で抜きました。
12mmのドリルがあれば揉んで抜けるかもしれません。
その方が綺麗かも…

00484.jpg

フレームに入れて、リア三角を繋いだ状態。
フォークもヘッドパーツにしっかりグリスを詰めてから組み付けました。

00485.jpg00486.jpg

固定する部品もすっかり綺麗になりました(^^)
さて、リア三角やフォークを黒く塗った理由がこれ。

00487.jpg00417.jpg

S-Typeステム ブラック(18144円)
woodman シートクランプ クイック(1800円)
そう、ハンドルポストをSタイプに交換したんです。
黒かRAWカラーしか無かったんですね。
銀だからRAWカラーかと思ったんですが、それもなんか違うなぁと…
なので黒にして、フレームも塗り替えようという事にしたんですね~
お陰で余計に大変だった気がします(^^;


で、なんでSタイプにしたか。

00413.jpg00489.jpg

Nitto B263AA ショートブルホーンバー 380mm(3570円)
そう、これですよ、これを付けたかったんですよ~ヽ(`▽´)/
ブルホーン。
クラシックスタイル=ブルホーンという偏った考えからなんですけれどねw
で、woodmanのシートポストクランプのクイック部分をハンドルポストのボルト代わりに入れます。
これで折り畳みの時に困らないですね。
Handybikeを見ててこれは画期的だと思って自画自賛でパーツを揃えていたんですが、実は他にも同じような事を考えている方が居たようです(^^;

00490.jpg00491.jpg
00419.jpg

New Dual pivot brake caliper(前後各5211円)
ブレーキをダブルピボットブレーキに。
現在のBromptonはこのブレーキになっているそうです。
ちなみにシューはシマノのロード用シューと同じです。
という訳でシューは余っていたデュラエースのシューに交換。
そこまでする必要は無いのかもしれませんけれどね(^^;

さて、ここまでいい調子で組んできまして、ホイールを嵌めていきます。
そう、以前購入したInter5のホイールです。
チューブ等は今までつけていたInter3から移植。
ホイールを取り付け、シフトワイヤーに繋がる部分を見て…

あれ?


なんか違う…



そう。
Inter3とInter5はアンカー部分が違うんです。

そんな訳で作業は中断。
新たにInter5で必要な部品を注文する事に…

出来上がりは何時になるのやら…

にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト

【2009/08/30 21:03】 | BROMPTON M3L
トラックバック(0) |

Re: Bromptonのパーツ交換(その2)
ヨウスケ
はじめまして。Brompton分解、再塗装などでたどり着きました。少し前の記事へのコメント恐縮です。
実は私も台湾製ブロンプトンのレストアに取り組んでます。6月ごろから半ば放置状態ですが、ようやく重い腰を上げ始めたところです。とは言うものの、やはり再塗装が課題で悩んでいます。また再塗装にあたって、リア三角とフォークを取りはずのに、どうやるべきか悩んでいます。リア三角はIKDなどで販売されているものを使うとして、フォーク、ヘッドパーツを取り外すにはどんな工具を使われたのですか?お教えいただければ助かります。
長文失礼いたしました。

Re: Re: Bromptonのパーツ交換(その2)
Shein
初めまして~(^^)
こんなページが人様の参考になるかは判りませんが…(^^;

まずリア三角ですが、IKDさんやしぶやさんの所で売っているリアヒンジブッシュキットが必要です。
分解する際にドリルで揉む必要があるので、最初はセットの方を買った方がいいと思います。
実際のところ、このリアヒンジブッシュは、台湾物と本国物では別の物だと思ったほうが良さそうです。
俺の場合はシャフトはポンチで叩いて抜けましたが、カラーの部分が中に残ってしまったので、取るのに大分苦労しました。
最終的にはリーマーを使ってカラーに食い込ませ、それを引き抜くような形で無理やり抜いています(^^;
その甲斐あって、当初あったリアのガタはなくなりました。
英国物の方が若干固めな感じです。

フォークとヘッドパーツ自体は通常のスレッドタイプの物なので、モンキーやスパナで抜く事が出来ます。
ヘッドパーツに関してですが、当初は部品交換しないつもりだったのですが、他の部品を注文した時せっかくだからという事で注文して交換しています。
ここでもそうなんですが、ヘッドパーツも台湾と本国とで別物です。
実際部品を頼んだ時もベアリングだけ変えるか~なんて思っていたんですが、球受けの形状が違います。
なので全部交換したんですが、正直な話プラハンと真鍮のポンチ使ってます(^^;
自己責任になってしまいますけれど(^^;
出来ればホーザン等で圧入工具を買う事をお勧めします。
水平に入っていないか心配するよりは工具を使った方が間違いなく早くて正確に入ると思います。

ちなみに力技で下球押しをフォークに入れる時は、サドルポストを使うと吉です。
丁度ぴったりなサイズなので、簡単に綺麗に入りましたww

何にしても、ヘッドパーツの球受け自体は出来る限り専門工具を買うか、仲の良いショップがあればそこだけ頼むのもアリだと思います。
静岡の片田舎で周りにはスペシャルショップどころか自転車屋すら無い所なので、こんな力技で済ませているものですから…(^^;

Re: Bromptonのパーツ交換(その2)
ヨウスケ
ご回答ありがとうございます。大変参考になりました。
以前、専門ショップで相談した際に台湾製は・・・としぶられて、自分でやろうかと考えていました。もう一度ショップに相談してみます。本当にありがとうございました。

Re: Re: Bromptonのパーツ交換(その2)
Shein
> ご回答ありがとうございます。大変参考になりました。
> 以前、専門ショップで相談した際に台湾製は・・・としぶられて、自分でやろうかと考えていました。もう一度ショップに相談してみます。本当にありがとうございました。

参考になれば幸いです~
ショップ関係に相談されるのであれば、
『サイクルハウスしぶや』(http://www.cycleshibuya.com/)
『和田サイクル』(http://www.wadacycle.jp/)
なんかいいと思います。
しぶやさんには色々とカスタム関係で相談させてもらったりしてますが、丁寧な対応で答えてくれますし、遠方でも自転車を発送すれば対応してくれますよ。
和田さんの所も同じですね。
どちらもかなりお忙しいようで(特に和田さんの所は正に駆け込み寺状態(^^;)、事前に電話やメールで相談して、時期なんかも話をしてみるといいと思いますよ。

俺は『とりあえず疑問があれば分解して中を見る』っていうタイプなので、更に壊したりする事もあります。
その甲斐あってとりあえずのメンテナンスは自分で何とか出来るようになりましたし、ブログの通り色々と改造(改悪?)する楽しさを知りました。
最初の一歩を踏み出すのは躊躇するかもしれませんが、意外と何とかなったりするものですよ~

あ、ちなみにヘッド周りはオーバーサイズですから、もし身近なショップで相談されるのであれば、その辺りを言うと判りやすいかもしれませんね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: Bromptonのパーツ交換(その2)
はじめまして。Brompton分解、再塗装などでたどり着きました。少し前の記事へのコメント恐縮です。
実は私も台湾製ブロンプトンのレストアに取り組んでます。6月ごろから半ば放置状態ですが、ようやく重い腰を上げ始めたところです。とは言うものの、やはり再塗装が課題で悩んでいます。また再塗装にあたって、リア三角とフォークを取りはずのに、どうやるべきか悩んでいます。リア三角はIKDなどで販売されているものを使うとして、フォーク、ヘッドパーツを取り外すにはどんな工具を使われたのですか?お教えいただければ助かります。
長文失礼いたしました。
2009/09/19(Sat) 00:30 | URL  | ヨウスケ #OsUMKdiU[ 編集]
Re: Re: Bromptonのパーツ交換(その2)
初めまして~(^^)
こんなページが人様の参考になるかは判りませんが…(^^;

まずリア三角ですが、IKDさんやしぶやさんの所で売っているリアヒンジブッシュキットが必要です。
分解する際にドリルで揉む必要があるので、最初はセットの方を買った方がいいと思います。
実際のところ、このリアヒンジブッシュは、台湾物と本国物では別の物だと思ったほうが良さそうです。
俺の場合はシャフトはポンチで叩いて抜けましたが、カラーの部分が中に残ってしまったので、取るのに大分苦労しました。
最終的にはリーマーを使ってカラーに食い込ませ、それを引き抜くような形で無理やり抜いています(^^;
その甲斐あって、当初あったリアのガタはなくなりました。
英国物の方が若干固めな感じです。

フォークとヘッドパーツ自体は通常のスレッドタイプの物なので、モンキーやスパナで抜く事が出来ます。
ヘッドパーツに関してですが、当初は部品交換しないつもりだったのですが、他の部品を注文した時せっかくだからという事で注文して交換しています。
ここでもそうなんですが、ヘッドパーツも台湾と本国とで別物です。
実際部品を頼んだ時もベアリングだけ変えるか~なんて思っていたんですが、球受けの形状が違います。
なので全部交換したんですが、正直な話プラハンと真鍮のポンチ使ってます(^^;
自己責任になってしまいますけれど(^^;
出来ればホーザン等で圧入工具を買う事をお勧めします。
水平に入っていないか心配するよりは工具を使った方が間違いなく早くて正確に入ると思います。

ちなみに力技で下球押しをフォークに入れる時は、サドルポストを使うと吉です。
丁度ぴったりなサイズなので、簡単に綺麗に入りましたww

何にしても、ヘッドパーツの球受け自体は出来る限り専門工具を買うか、仲の良いショップがあればそこだけ頼むのもアリだと思います。
静岡の片田舎で周りにはスペシャルショップどころか自転車屋すら無い所なので、こんな力技で済ませているものですから…(^^;
2009/09/21(Mon) 09:09 | URL  | Shein #6facQlv.[ 編集]
Re: Bromptonのパーツ交換(その2)
ご回答ありがとうございます。大変参考になりました。
以前、専門ショップで相談した際に台湾製は・・・としぶられて、自分でやろうかと考えていました。もう一度ショップに相談してみます。本当にありがとうございました。
2009/09/22(Tue) 09:15 | URL  | ヨウスケ #OsUMKdiU[ 編集]
Re: Re: Bromptonのパーツ交換(その2)
> ご回答ありがとうございます。大変参考になりました。
> 以前、専門ショップで相談した際に台湾製は・・・としぶられて、自分でやろうかと考えていました。もう一度ショップに相談してみます。本当にありがとうございました。

参考になれば幸いです~
ショップ関係に相談されるのであれば、
『サイクルハウスしぶや』(http://www.cycleshibuya.com/)
『和田サイクル』(http://www.wadacycle.jp/)
なんかいいと思います。
しぶやさんには色々とカスタム関係で相談させてもらったりしてますが、丁寧な対応で答えてくれますし、遠方でも自転車を発送すれば対応してくれますよ。
和田さんの所も同じですね。
どちらもかなりお忙しいようで(特に和田さんの所は正に駆け込み寺状態(^^;)、事前に電話やメールで相談して、時期なんかも話をしてみるといいと思いますよ。

俺は『とりあえず疑問があれば分解して中を見る』っていうタイプなので、更に壊したりする事もあります。
その甲斐あってとりあえずのメンテナンスは自分で何とか出来るようになりましたし、ブログの通り色々と改造(改悪?)する楽しさを知りました。
最初の一歩を踏み出すのは躊躇するかもしれませんが、意外と何とかなったりするものですよ~

あ、ちなみにヘッド周りはオーバーサイズですから、もし身近なショップで相談されるのであれば、その辺りを言うと判りやすいかもしれませんね。
2009/09/22(Tue) 09:56 | URL  | Shein #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。