ロードレーサー、ミニベロでのポタリングやちょっとしたカスタムの事でも。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狩野川100kmにエントリーをしているんですが、どうせなら走った時のログを取りたいという事で、こんなのを買いました。

00513.jpg

YUPITERU ATLAS ASG-1です。
某オークションで13,800円でした。

最近この手のデータロガーが幾つか販売されていますね。
有名な所であれば、やっぱりGARMIN Edge705でしょうね。
GARMINが自転車専用に作ったモデルで、ツールでも使われているんだそうです(ここ数年ツール見ていないので判りませんが(^^;)。
ある意味これが最高なんでしょうが、正直ポンと買える値段でも無いですよね。
市販価格が英語版で大体60,000円前後、日本語版ともなると90,000円台。
やっぱり高いですよね。
衝動買いでMTB買っている人間が何言っているんだと言われそうですが(^^;

で、このASG-1ですが、結構評判が良いようですね。
データロガーとしての機能は勿論ですが、一般的に使えるサイコンとしても十分な機能を持っていると思います。

ASG-1が持つ機能としては、

・各種表示(位置座標・最高速度・平均速度・現在速度・走行距離・経過時間・現在高度・走行開始からの高低差・消費カロリー・時計)
・移動奇跡ログ
・ファインダー機能(目的地までの直線距離とおおよその方向)
・ワンタッチPOI登録(ユーザーによる位置座標の保存機能)
・カロリー計算
・履歴機能(最大10件の移動距離・所要時間・最高速度・平均速度・消費カロリー・移動高低差の保存)
・防水
・バックライト
・目標距離・時間アラート

…という具合に、かなり充実しています。
価格から考えれば十分なんではないかと。

また、データの保存形式も一般的に使われている形式だそうで、専用ソフトである『ATRUSTOUR
』以外にも『カシミール3D』等での読み込みも出来るそうです。
実際の所はこれから使ってみるので何とも言えませんが、結構使いやすそうです。
大きさとしても 54(W)×82(H)×22(D)mmというサイズなので、それ程邪魔にはならなさそうです。

00516.jpg

キャットアイのCC-MC100Wとの対比。
長さは約2倍、幅が1.5倍程です。
携帯よりも小さいので、大きさとしては小型と言っても良いんじゃないでしょうか。
画面はモノクロで、128×128ドットと小さめ。
大体CC-MC100Wよりも気持ち大きい程度です。

00514.jpg

セットの内容品としては、
・自転車用土台&土台用板ゴム
・充電器
・PC接続用USBケーブル
・再生可能のタイラップ
になります。
再利用出来るので良いんですけれど、タイラップ止めはちょっと微妙ですね。
再利用考えればタイラップの余分な部分は切れないので、みっともないなと。
これは土台を買えばいいんで、そのうち買います。
当面しロードでしか使わないと思いますので。

…でもBromptonに付けても楽しいかもしれませんね(*^-^*)
まぁそれはいいとして。

とりあえず、使ってみたら使用感なんか書いてみようと思います。

にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2009/09/05 11:00】 | 雑記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。