ロードレーサー、ミニベロでのポタリングやちょっとしたカスタムの事でも。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CAMALEONTE INNは職場を定位置にするつもりなので、持って行くがてら伊東市内を軽く走ってきました。
バッシュガードが付いているので、普段着のまま気楽に乗れるのがいいですね。
裾バンドを持っていくのを忘れていたんですが、巻き組む事無く走りました。

市内を走る時のいつものコースを走ります。

00768.jpg

海辺の公園で撮影。

00769.jpg

当日はいい天気で、多くのサイクリストとすれ違いました。
流石GWですね~

00770.jpg

近くにbd-1を置いて撮影している人も居ました。
最近小径車もよく見かけています。
車輪行で持ち運ぶロードと違って、折り畳み小径は電車輪行でもとても便利ですよね。
勿論電車でロードのようなフルサイズを輪行する人も居ますけれど(^^;

00771.jpg

自転車を撮るのって結構考えます。
全体を撮るだけではないんですけれど、風景と一緒だと、全景の中に収めてしまいたくなるんですよね。
カメラの道は奥深し…

00772.jpg

乗っていて思ったんですが、Inter8って気楽に走れていいですね、本当。
STOP & GOが多い街中では、結構重宝するかもしれません。
ただ、やっぱりギアがワイドだなぁと思いました。
普通に走るのであれば4速以下は使わないですし、8速は結構ハイギアードです。
4~6速が通常の使用帯かなと。

そんな訳で海岸線を抜けたら山へと行き先を変えます。
ちなみに俺は登りは大嫌いなんですがw
どんなモンか確かめたいという気持ちもあるので向かいます。

線路を超えリゾートホテルや別荘地の方へと進めます。

00773.jpg

川沿いを上がっていると、筍が。
ここまで大きいと当然食べられませんが、一応旬の物という事でw

00774.jpg

川(用水路?)は前日までの雨で水は多め。
サワサワと心地よい音で、汗ばんだ体に清涼感をくれます。

00775.jpg

道路脇の廃墟らしき建物。
静かに佇む建物と、川の流れる音。
何となく撮ってみました。

00776.jpg00777.jpg

滝、と言うか、水路の段差。
何気に結構いい感じの登りで汗だくでした(;´Д`)

登ってみて感じたのは、ワイドギアの恩恵。
平地では一切使わないような軽さのギアは、登りではかなりの戦力になります。
まぁそうは言っても走りに特化している訳ではないですし、全体的な重さも相まって(11kgオーバー)楽に登れるという程ではないかなと。
外装と違い、トルクがかかっている状態での変速でもチェーンが移動する訳ではないのでギア飛びやチェーン落ちの不安が無いのがいいですね。

再び街中に戻ります。
下りですか?
最高ですね(´∀`*)ウフフ

00778.jpg

川沿いの木陰での一枚。
この辺りは散歩されている方が多いのですが、雰囲気も良いし気持ちが良いんですよ。
チェレステと新緑がいい感じだと思うのは気のせいでしょうかw

と、大体30km程走って終了。
走って見て感じたのは、スポーツフルな走りではなく、今回みたいにカメラを持ってポタとかそういうのが似合うクロスだなぁと思いました。
頑張れば速いですよ、多分。
でも頑張る気にあまりならないんですよね、何故か。
普段走る時のロードがMT車だとするなら、これは気楽なAT車という感じです。
頑張って走るんじゃなくて、気楽にのんびりというのが合うなぁと感じました。
フレームはフルアルミで、やっぱり硬さは勿論あるんですが、28cのタイヤのお陰で思うほどフレーム自身の固さというのは感じなかったですね。
石畳の上を走ればやっぱり手に来る硬質な振動はありますが、まぁそれだってこんな物だと言われれば納得がいくような程度です。

気になったのはやはりステム。
角度の調整出来るというのは確かにいいのかもしれませんが、どうしても間接部が多い分ハンドル周りは重くなるし変な捩れを感じます。
気になるので、やはり変えたいと思います。
後はペダルですかね。
ビンディング付きなんですが、ウチのシューズはシマノのクリートですし(CAMALEONTEのペダルはVP製)、普段は革靴かスニーカーでしか乗らないので、軽い普通のフラットペダルにしようと思います。
後はまぁハンドルの幅を詰めたいとか、ペットボトルの刺さるボトルホルダー位はやっぱり付けようか…等々ですね。

まぁ、気楽に付き合える自転車にしていこうと思います(´∀`*)

にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
バッシュガードが付いているので、普段着のまま気楽に乗れるのがいいですね。
裾バンドを持っていくのを忘れていたんですが、巻き組む事無く走りました。

市内を走る時のいつものコースを走ります。

00768.jpg

海辺の公園で撮影。

00769.jpg

当日はいい天気で、多くのサイクリストとすれ違いました。
流石GWですね~

00770.jpg

近くにbd-1を置いて撮影している人も居ました。
最近小径車もよく見かけています。
車輪行で持ち運ぶロードと違って、折り畳み小径は電車輪行でもとても便利ですよね。
勿論電車でロードのようなフルサイズを輪行する人も居ますけれど(^^;

00771.jpg

自転車を撮るのって結構考えます。
全体を撮るだけではないんですけれど、風景と一緒だと、全景の中に収めてしまいたくなるんですよね。
カメラの道は奥深し…

00772.jpg

乗っていて思ったんですが、Inter8って気楽に走れていいですね、本当。
STOP & GOが多い街中では、結構重宝するかもしれません。
ただ、やっぱりギアがワイドだなぁと思いました。
普通に走るのであれば4速以下は使わないですし、8速は結構ハイギアードです。
4~6速が通常の使用帯かなと。

そんな訳で海岸線を抜けたら山へと行き先を変えます。
ちなみに俺は登りは大嫌いなんですがw
どんなモンか確かめたいという気持ちもあるので向かいます。

線路を超えリゾートホテルや別荘地の方へと進めます。

00773.jpg

川沿いを上がっていると、筍が。
ここまで大きいと当然食べられませんが、一応旬の物という事でw

00774.jpg

川(用水路?)は前日までの雨で水は多め。
サワサワと心地よい音で、汗ばんだ体に清涼感をくれます。

00775.jpg

道路脇の廃墟らしき建物。
静かに佇む建物と、川の流れる音。
何となく撮ってみました。

00776.jpg00777.jpg

滝、と言うか、水路の段差。
何気に結構いい感じの登りで汗だくでした(;´Д`)

登ってみて感じたのは、ワイドギアの恩恵。
平地では一切使わないような軽さのギアは、登りではかなりの戦力になります。
まぁそうは言っても走りに特化している訳ではないですし、全体的な重さも相まって(11kgオーバー)楽に登れるという程ではないかなと。
外装と違い、トルクがかかっている状態での変速でもチェーンが移動する訳ではないのでギア飛びやチェーン落ちの不安が無いのがいいですね。

再び街中に戻ります。
下りですか?
最高ですね(´∀`*)ウフフ

00778.jpg

川沿いの木陰での一枚。
この辺りは散歩されている方が多いのですが、雰囲気も良いし気持ちが良いんですよ。
チェレステと新緑がいい感じだと思うのは気のせいでしょうかw

と、大体30km程走って終了。
走って見て感じたのは、スポーツフルな走りではなく、今回みたいにカメラを持ってポタとかそういうのが似合うクロスだなぁと思いました。
頑張れば速いですよ、多分。
でも頑張る気にあまりならないんですよね、何故か。
普段走る時のロードがMT車だとするなら、これは気楽なAT車という感じです。
頑張って走るんじゃなくて、気楽にのんびりというのが合うなぁと感じました。
フレームはフルアルミで、やっぱり硬さは勿論あるんですが、28cのタイヤのお陰で思うほどフレーム自身の固さというのは感じなかったですね。
石畳の上を走ればやっぱり手に来る硬質な振動はありますが、まぁそれだってこんな物だと言われれば納得がいくような程度です。

気になったのはやはりステム。
角度の調整出来るというのは確かにいいのかもしれませんが、どうしても間接部が多い分ハンドル周りは重くなるし変な捩れを感じます。
気になるので、やはり変えたいと思います。
後はペダルですかね。
ビンディング付きなんですが、ウチのシューズはシマノのクリートですし(CAMALEONTEのペダルはVP製)、普段は革靴かスニーカーでしか乗らないので、軽い普通のフラットペダルにしようと思います。
後はまぁハンドルの幅を詰めたいとか、ペットボトルの刺さるボトルホルダー位はやっぱり付けようか…等々ですね。

まぁ、気楽に付き合える自転車にしていこうと思います(´∀`*)

にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

【2010/05/01 11:43】 | ポタリング
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。