ロードレーサー、ミニベロでのポタリングやちょっとしたカスタムの事でも。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウチのBlog、検索エンジンからの検索ワードで一番多いのが『CALLE BIKE』なんです。
なので、今更ではありますが使用感とかそういう物を書いておこうかなと思います。
十数年振りに買ったロード(ルック)バイクで、他のロードとは比べ物にならない価格で思わず飛びついてしまったんですよね。
それこそ、昔乗っていたのは親戚からの貰い物で、Wレバーで6段の物でした。
その頃から比べればやっぱりいいと思ったんですよね~自転車も進化している物なんだと。
何より買って最初に便利に思ったのは、インデックスのシフトであり、デュアルコントロールとなっていたレバー。
ああ、こりゃ楽だわと実に思った訳です。

今はカーボンバイクに乗っているので、今よりも3kg近く重い9.8kgという重量は決して軽いとは思いません。
フレームはとにかく硬い、いかにもアルミという感じ。
ホイールは何故かアメリカンバルブ。
コンポは一番安いローグレードの物。

まぁ、正直言ってしまえばそういう自転車でしたね。
でも、俺はそれでいいのかなと思っています。
いや、勿論良い物であるに越した事は無いですよ?w

自転車の価格って、こういう趣味を持たない人からすれば、一般的に売られている大量販売店なんかにあるような1万円程のママチャリが基準なんですよ、大抵(俺自身も最初はそうでしたからね)。
だから『自転車で10万とか20万って在り得ない』と言われるのが常です。

ちなみに言えばこれだけ自転車買い漁っていて、安い買い物だったとは一度も思ってませんよ(^^;
やっぱりそれなりに(例え衝動買いだったとしても)悩んだりはしていますからね~

まぁ、それは兎も角として。
価格帯的にはこの位の物というのは、在るべき存在なんだろうと思います。
逆を言えばまだ8段なだけ他のルック車よりはいいんじゃないですかね。
7段の物も未だにルック車の中には多いですし、8段でもWレバーだという事が多いですから。

CALLEの自転車は自転車の世界を広げてくれました。
新潟に居た頃は毎週、毎日のようにこれで走っていましたし、休日は50km位はコンスタントに走っていましたから。
何より自分の脚力で40~50km/hの世界を見れるというのは、深みにのめり込む一番の要因だったのだと思います。
あの自転車を買ったからこそ、今があるんだなぁという。

いい自転車かと問われたら、『はい』とは言いませんが『いいえ』とも言いません。
平凡にして、最低限の走る為の物はあるというレベルだと、そう思って頂ければいいのかと思います。
ここからスタートと言うのも、悪くはないんじゃないですかね。

ただ、やはり最初に言えるのは、始めての自転車であればショップで買う方が安心だ、という事ですね。
少なくとも多少なりの苦労はありますし、整備する知識は必要です。
今はムックでも多くの整備に関する事が書かれている物が出ていますが、一番は実際に整備している所を見る事。
これが一番解りやすいし覚えやすいと思います。
デュアルレバー辺りは本当に未知なる世界でしたからねぇ…

どんな自転車でもそうです。
例えDE ROSAのKINGだろうが調整が悪ければ走る事にストレスを感じるでしょうし、このCALLEでもしっかりと調整しておけばストレスなく気持ち良く走れると思います。
そこが先ず一番大事なんじゃないですかね。


ちなみにCALLEの自転車、今は多少変わったみたいですね。
ただ、相変わらずコンパクトクランクじゃないのは、どうなんだろうなぁと思いますがね(^^;
まぁTOPが12になったので、幾らか違うんでしょうけれど…

まぁ、何にしても『人と違うのに乗りたい』という思いがあるのなら良いんじゃないですかね。
楽しく走れるのであれば、スタート地点は何処からでも何からでも良いんじゃないでしょうか(^^)

にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
十数年振りに買ったロード(ルック)バイクで、他のロードとは比べ物にならない価格で思わず飛びついてしまったんですよね。
それこそ、昔乗っていたのは親戚からの貰い物で、Wレバーで6段の物でした。
その頃から比べればやっぱりいいと思ったんですよね~自転車も進化している物なんだと。
何より買って最初に便利に思ったのは、インデックスのシフトであり、デュアルコントロールとなっていたレバー。
ああ、こりゃ楽だわと実に思った訳です。

今はカーボンバイクに乗っているので、今よりも3kg近く重い9.8kgという重量は決して軽いとは思いません。
フレームはとにかく硬い、いかにもアルミという感じ。
ホイールは何故かアメリカンバルブ。
コンポは一番安いローグレードの物。

まぁ、正直言ってしまえばそういう自転車でしたね。
でも、俺はそれでいいのかなと思っています。
いや、勿論良い物であるに越した事は無いですよ?w

自転車の価格って、こういう趣味を持たない人からすれば、一般的に売られている大量販売店なんかにあるような1万円程のママチャリが基準なんですよ、大抵(俺自身も最初はそうでしたからね)。
だから『自転車で10万とか20万って在り得ない』と言われるのが常です。

ちなみに言えばこれだけ自転車買い漁っていて、安い買い物だったとは一度も思ってませんよ(^^;
やっぱりそれなりに(例え衝動買いだったとしても)悩んだりはしていますからね~

まぁ、それは兎も角として。
価格帯的にはこの位の物というのは、在るべき存在なんだろうと思います。
逆を言えばまだ8段なだけ他のルック車よりはいいんじゃないですかね。
7段の物も未だにルック車の中には多いですし、8段でもWレバーだという事が多いですから。

CALLEの自転車は自転車の世界を広げてくれました。
新潟に居た頃は毎週、毎日のようにこれで走っていましたし、休日は50km位はコンスタントに走っていましたから。
何より自分の脚力で40~50km/hの世界を見れるというのは、深みにのめり込む一番の要因だったのだと思います。
あの自転車を買ったからこそ、今があるんだなぁという。

いい自転車かと問われたら、『はい』とは言いませんが『いいえ』とも言いません。
平凡にして、最低限の走る為の物はあるというレベルだと、そう思って頂ければいいのかと思います。
ここからスタートと言うのも、悪くはないんじゃないですかね。

ただ、やはり最初に言えるのは、始めての自転車であればショップで買う方が安心だ、という事ですね。
少なくとも多少なりの苦労はありますし、整備する知識は必要です。
今はムックでも多くの整備に関する事が書かれている物が出ていますが、一番は実際に整備している所を見る事。
これが一番解りやすいし覚えやすいと思います。
デュアルレバー辺りは本当に未知なる世界でしたからねぇ…

どんな自転車でもそうです。
例えDE ROSAのKINGだろうが調整が悪ければ走る事にストレスを感じるでしょうし、このCALLEでもしっかりと調整しておけばストレスなく気持ち良く走れると思います。
そこが先ず一番大事なんじゃないですかね。


ちなみにCALLEの自転車、今は多少変わったみたいですね。
ただ、相変わらずコンパクトクランクじゃないのは、どうなんだろうなぁと思いますがね(^^;
まぁTOPが12になったので、幾らか違うんでしょうけれど…

まぁ、何にしても『人と違うのに乗りたい』という思いがあるのなら良いんじゃないですかね。
楽しく走れるのであれば、スタート地点は何処からでも何からでも良いんじゃないでしょうか(^^)

にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2010/05/05 11:02】 | CALLE(終)
トラックバック(0) |

CALLE
ひろた
はじめまして。
20年ぶりに自転車に乗り始めました、リターンライダーです(オートバイじゃなく)。
この記事に大賛成です。

私は20年前にトライアスロンにはまってプロを目指していました。だから道具にはこだわって、レーサーは軽量を追求してフレームからオーダー、ハブは1本10万円のシュパーブプロを使うなど、総額100万円近くかけていました。
でも結局プロは諦めてサラリーマンをやっています。
結婚、家族が増えて、転勤等々の後、少し体重が気になってきたので自転車を再開しました。
当時の自転車をメンテするのは大変なので、ネットで探していたら安い自転車があったので何も考えずに購入しました。
それがCALLEです。
身長が168しかないのでステムをはじめハンドル廻りのパーツを交換して乗っていますが、全く問題ないですね。
3カ月乗りましたが、40代のおっさんの脚力には十分です。
今では毎週末に100KMは乗ってます。
夏のボーナスで新しいのを購入するかもしれませんが、それまでは楽しもうと思っています。
あ、新しいのを購入後は、単身赴任先で通勤用に使うと思います。

Re: CALLE
Shein
どうも、ありがとうございます。
お返事遅くてすいません(;´Д`)

20年前の100万円コース、凄いですね~
その頃はまだ学生でロードからMTBに乗り換えて、近所の蜜柑畑を走り回っていた頃です(^^;

CALLEのバイクも良くも悪くも初心者向けだと思いますが、入り口にある自転車としては良い物だと思います。
価格としてもママチャリやちょっと良さげな自転車を若干上回った位の価格で、初めての人にも手が出しやすい価格ですよね。
そういう位置付けの自転車って、実際大事だと思いますよ。
始めのきっかけとしては本当にいい自転車だと思っています。

リターンライダーって、俺も含めてそうですけれど、久々にロードのような自転車に乗ってしまうとたちまちコロッとなってしまう気がしますw
何はともあれ、自転車に乗っているだけで楽しいという状態ですからね。
そういう風に思わせたCALLEのバイクには感謝しています。

新しい自転車を買われても、CALLEはCALLEで別の方で生きますね~
楽しい自転車ライフを是非是非続けて行ってください(* ^ー゚)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
CALLE
はじめまして。
20年ぶりに自転車に乗り始めました、リターンライダーです(オートバイじゃなく)。
この記事に大賛成です。

私は20年前にトライアスロンにはまってプロを目指していました。だから道具にはこだわって、レーサーは軽量を追求してフレームからオーダー、ハブは1本10万円のシュパーブプロを使うなど、総額100万円近くかけていました。
でも結局プロは諦めてサラリーマンをやっています。
結婚、家族が増えて、転勤等々の後、少し体重が気になってきたので自転車を再開しました。
当時の自転車をメンテするのは大変なので、ネットで探していたら安い自転車があったので何も考えずに購入しました。
それがCALLEです。
身長が168しかないのでステムをはじめハンドル廻りのパーツを交換して乗っていますが、全く問題ないですね。
3カ月乗りましたが、40代のおっさんの脚力には十分です。
今では毎週末に100KMは乗ってます。
夏のボーナスで新しいのを購入するかもしれませんが、それまでは楽しもうと思っています。
あ、新しいのを購入後は、単身赴任先で通勤用に使うと思います。
2011/01/23(Sun) 23:59 | URL  | ひろた #-[ 編集]
Re: CALLE
どうも、ありがとうございます。
お返事遅くてすいません(;´Д`)

20年前の100万円コース、凄いですね~
その頃はまだ学生でロードからMTBに乗り換えて、近所の蜜柑畑を走り回っていた頃です(^^;

CALLEのバイクも良くも悪くも初心者向けだと思いますが、入り口にある自転車としては良い物だと思います。
価格としてもママチャリやちょっと良さげな自転車を若干上回った位の価格で、初めての人にも手が出しやすい価格ですよね。
そういう位置付けの自転車って、実際大事だと思いますよ。
始めのきっかけとしては本当にいい自転車だと思っています。

リターンライダーって、俺も含めてそうですけれど、久々にロードのような自転車に乗ってしまうとたちまちコロッとなってしまう気がしますw
何はともあれ、自転車に乗っているだけで楽しいという状態ですからね。
そういう風に思わせたCALLEのバイクには感謝しています。

新しい自転車を買われても、CALLEはCALLEで別の方で生きますね~
楽しい自転車ライフを是非是非続けて行ってください(* ^ー゚)
2011/02/02(Wed) 01:07 | URL  | Shein #6facQlv.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。