ロードレーサー、ミニベロでのポタリングやちょっとしたカスタムの事でも。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日に引き続き、今日もやります。
昨日バラバラの状態で職場に置き去りにしたので、組まないと怒られますから(^^;
早速昨日の続きを。

00046.jpg

BBの中に入っている軸。
写真左側がチェーンリング側になります。

00033.jpg
00047.jpg

フロントホイール、錆の処理をしました。
明らかに違うの、解りますかね?
錆落しには色々と種類がありますが、一番効果が高い(その分ひとつ間違えると母材を著しく傷めますが)酸処理をしました。
ちなみに使ったのは

00049.jpg

こちら。
かなり強い薬品ですし、処理時に強い刺激臭が出ます。
取扱いには十分注意してください。

また、酸処理をした場合かならず水で漱ぎ洗いしてください。
母材を傷める原因になります。
仕事でもたまに使っているんですが、本当に綺麗に落ちますよ。
(注.用法を間違えたり処理に失敗しても一切責任は取れません。自己責任で御願いします)
ちなみにフロントは玉軸抜いて清掃・グリス交換と錆落ししました。
若干ベアリングに錆が付いていましたが、布で磨いて落ちる程度だったので多分中空ハブの内側の錆が付いたのかもしれません。
グリスはフィニッシュラインのテフロン系のグリスを使っています。

00048.jpg

Sturmey Archerの3段。
本当はここも一度ばらしたかったんですけれど、工具が足りないので今回はおあずけ。
若干カラカラと音が大きいような気がするので、何とかしたいんですけれども。

00050.jpg

錆の処理が終わったホイールに、新品のタイヤとチューブを組みます。
メーカーは忘れましたが、ホームセンターで売っている安い物です(^^;
16インチのタイヤって、あまり種類が無いんでしょうかねぇ…

00051.jpg
00052.jpg

BBもしっかりグリスアップ。
そのまま組みます。
一度左右付け間違いました(^^;
長い方がチェーンリング側になりますが、パッと見ただけだとちょっと解り辛いです(^^;
クランクもコンパウンド使って磨いてあります。
鏡面仕上げには遠いですが、パッと見た感じの汚さは取れたと思います。

00053.jpg

チェーンリングまで組み終わったら、今度はブレーキ&シフトのアウター&インナーを交換。
元々付いていた物を元に長さを決めます。
折り畳みなのでこの辺りは若干長めにとっておきます。
詰めるのは後でいくらでも出来ますからね。
仮止めして折り畳んで、干渉したり無いか確認してから付けます。

さて、悩んだシフトワイヤー。

00054.jpg

上が元々付いていたもの、下が新品です。
形も長さも違います。
同じような物を一応探してはみたんですが見つからず…
なのでワイヤーを加工しました。
径を量った所2.5mmで、ワイヤーが1.2mmなので結構慎重になります。
双頭グラインダーで削って、なんとか規格に近いものになったので取りつけ。
太いと干渉してシフターに入らないし、細いと抜けるしで…結構考え物ですね(--;
ワイヤーエンドを上手く使えば何とかなるかもしれませんが、今回はこれで行きます。

シフター周りが付いたので、いよいよチェーンを交換。
これまたホームセンターの物使用。
無段階変速用(外装変速機用では無い物)がホームセンターにしか無かったもので(^^;
チェーンカッターを使って切り、連結。

00055.jpg

うーん…どう頑張ってもこれ以上張れない(--;
試乗した所何度かチェーン外れました(--;
調整するような物はなんにも付いていないし…
とりあえず、リアホイールを少しだけ後ろに動かして締め直しました。
こういうの良くないんだろうなぁ…多分。
調整する方法も考えなきゃいけないですね。

00056.jpg

最後にギアの調整。
一番引っ張った状態でローになります。
この調整、かなり大変。
慣れればそんなでもないんでしょうけれど(^^;
ちなみに俺の場合は、
1.調整ねじを一番伸ばした状態でワイヤーをめい一杯引っ張る。
2.ワイヤー固定。
3.調整ねじで締めて行く。
という感じでやってみました。
途中で2速が無くなったりと色々と面倒。
実際に入っているのが見えないので、ちょっとずつ調整しては試走、という感じでやらないと駄目ですね。
これまたワイヤーが初期伸び終わったら調整しないといけない訳で…
ちょっと億劫ですね(^^;
まぁ覚えたので何とかなるでしょうけれど。

で、とりあえず完成しました。

00057.jpg

今の所は良い感じで走ってます。
本当は純正部品のフェンダーも付けたかったんですけれど、変形と塗装割れが結構あるので(変形はとりあえず板金ハンマー使って修正終了)、次回の暇な時にでもやろうと思います。

今日の作業時間、AM8:30~PM5:00まで(^^;
酸処理の片付けやらチェーン切りそこねたりやらで時間食ってしまいました(^^;

乗ってみての感想。
やはり給油脂は大切ですね。
音やらは大分消えました。
シフターもあんな錆びた状態なんですが、とりあえずは何とか動いています(^^;
この辺はいずれ何らかの対処をしなければいけないでしょうね。
リアの3段もメンテする工具やら必要なようですし…

古い自転車なので、その作られた時代の『味』みたいな物が感じられる自転車かなぁ、と思います。
昨日ネットで色々と調べたんですが、OLDダホンやOEM系の物は色々と不都合と言いますかあるようです。
例えば止まらないだとか、重いだとかetcetc…
その辺どこまで拘るかっていうのは、車だろうがバイクだろうが自転車だろうが同じですね。
純正を極める人、カスタムベースで注ぎ込む人色々です。
現代の自転車に沿わせる、となるとやはり大変金額がかかりますし、純正一徹、というのも(特にOEMだと)それはそれで物に困るなぁというのが俺の考え方。
車でも散々旧車を乗ってきましたが、代替で使える物は使って、走れる状態を維持出来ることが先ず先決、というのがそれから学び取った答えですね。
なので純正品に拘らず(既に純正品じゃない部分沢山あるしw)気軽に乗れるような方向性でいけたらいいなぁと思っています。

次に大事をやるとしたら、塗装ですかねぇ…(^^;
塗装が割れて錆始めている部分もありますからね。
元の塗装の方が強いんですけれどね…

ちなみにこの折り畳み、こんな感じになっていますw
00058.jpg
車に積んでもこんな感じ。
折り畳んで入れれるって、本当に楽でいいなぁ~(≧∀≦)ノ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

【2008/10/26 21:56】 | NEOBIKE NeO Compo(終)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。